当ホームページはサーバー移行のため、お引越し致しました。

HP:http://maitrii.web.fc2.com/(http://michiyuu.info) → http://jyotish.michiyuu.info/
ブログ:http://jyoti.blog108.fc2.com/ → http://jyotish.michiyuu.info/wordpress/

お気に入りへ、ブックマークの変更をよろしくお願い致します。

 

インド占星術講座 by ミチユウ - The World of Light

占星術講座・個人講座&鑑定、無料ホロスコープ作成、インド占星術(ジョーティッシュ占星学)&西洋占星術の研究。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バラック・オバマ氏のノーベル平和賞受賞

現役アメリカ大統領がノーベル平和賞を受賞。これにはとても驚きだった。彼は核廃絶や温暖化問題への取り組みなど、今までのアメリカでは考えられない、素晴らしい主張している。しかし、まだ何もしていないんじゃないか!?実際、世界ではそのように疑問を思っている人も多いようだ。受賞理由の中に彼を支持、応援するという政治的意図があることを知って納得がいった。

賛否両論もあるが世界の平和のために誠意を尽くしている人に贈られることは祝福したいと思う。それが世界の人々の未来への希望となって、本当に平和な地球になっていけばいいと思う。

さて、ここでは個人的にどう思うかということはさておき、なぜこの時期にノーベル平和賞を受賞したかのか。その占星術的な理由を検証したいと思う。

バラック・オバマ氏ホロスコープ

最初、受賞を聞いたとき、第8室惑星在住のダシャーになぜ?困難や苦悩に直面している時期では?という疑問が湧いてきたが、改めて読み解いてみるとその理由は明確に示されている。

受賞したとき、2009年10月9日は木星/火星のダシャーであった。火星は第4室と第11室を支配し、第8室に在住している。しかも、ラーフと冥王星とコンジャンクションし、凶星の影響が強い。明らかに人生において、困難な時期に直面している。第8室のダシャーは困難や苦悩や混乱があり混沌とした時期だ。実際、アフガンの問題やアメリカ国内の情勢も未だに混沌としている。

争いを意味する火星が核兵器の原料となるプルトニウムの冥王星(プルート)とコンジャンクションしていることは興味深い。彼は核廃絶への活動の使命をもって生まれてきたのだろうか。

このような状況にある火星がなぜ、ノーベル平和賞という高い評価を得るに至ったのか。それは火星は第11室にアスペクトバックしており、第11室のテーマを良くしているからだ。第11室のテーマは願望成就・評価・表彰だ。

更に、太陽ラグナ、月ラグナからみても明確に成功を意味している。太陽ラグナからは火星は第5室と第10室を支配するラージャ・ヨーガ・カラカ自己実現の第5室へのアスペクトバックしている。しかも、ラージャ・ヨーガ・カラカがスピーチの第2室に在住し、彼の雄弁さを物語っている。月ラグナからは名声・評価の第7室へのアスペクトバックとなる。

このように、彼のノーベル平和賞を受賞するに値する惑星の配置が明確に現われている。しかし、この数年、アンタルダシャーの火星期とラーフ期は彼にとって困難な時期に変わりはない。この困難を乗り越えて、世界のために貢献していってくれることを期待したい。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jyoti.blog108.fc2.com/tb.php/88-21c14981
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。