当ホームページはサーバー移行のため、お引越し致しました。

HP:http://maitrii.web.fc2.com/(http://michiyuu.info) → http://jyotish.michiyuu.info/
ブログ:http://jyoti.blog108.fc2.com/ → http://jyotish.michiyuu.info/wordpress/

お気に入りへ、ブックマークの変更をよろしくお願い致します。

 

インド占星術講座 by ミチユウ - The World of Light

占星術講座・個人講座&鑑定、無料ホロスコープ作成、インド占星術(ジョーティッシュ占星学)&西洋占星術の研究。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火星のしし座への入室

111031トランジット

トランジット 2011年10月31日 午前 2:14@東京

さて、昨日は火星が獅子座へのトランジットが始まりました。火星は通常およそ2ヶ月で一つの星座を移動します。今回のしし座での運行は逆行をする期間があるので来年2012年6月22日までしし座を運行し続けます。

火星は怒り、攻撃、争い、トラブルの惑星です。火星が在住するハウスのテーマに関して問題が発生する可能性を意味しています。もし、第7室がしし座(みずがめ座ラグナ)の人は配偶者、恋人、ビジネスパートナー、人間関係のトラブルに気をつけることが大切な時期です。

また、火星には勇気、情熱、行動力、積極性の意味もあります。火星のエネルギーが良い方向に向かえば、在住するハウスのテーマを困難がありながらも情熱的に行動して力強く乗り越えていくことができます。例えば、第10室ならば仕事を精力的に頑張ることになるります。

火星は第8番目の星座にアスペクトするのでうお座にも火星の影響が及びます。

土星がてんびん座に入る11月16日までうお座に土星と火星の凶星ダブルトランジットが生じます。そこに逆行の木星のアスペクト、ラーフの5番目のアスペクト、天王星の在住。うお座には凶星の影響が集中するので、この10月31日~11月16日まではうお座にあたるハウスのテーマが最も注意すべくテーマになります。

例えば、いて座ラグナの人にとって、第4室の母親や家に関して問題が発生するかもしれません。個々人のヴィムショタリー・ダシャーの影響もあるので単純には言えませんが、うお座に相当するハウスに出生図で傷つきがある人は要注意の期間です。

また、さそり座にも土星、火星、木星、ラーフのアスペクトが集中します。さそり座に相当するハウスのテーマにも大きな変化がある時期です。

11月16日まで、個々人もそうですが、世界でどんな変化が起こっていくのか気になるところですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jyoti.blog108.fc2.com/tb.php/276-8f9f7fdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。