当ホームページはサーバー移行のため、お引越し致しました。

HP:http://maitrii.web.fc2.com/(http://michiyuu.info) → http://jyotish.michiyuu.info/
ブログ:http://jyoti.blog108.fc2.com/ → http://jyotish.michiyuu.info/wordpress/

お気に入りへ、ブックマークの変更をよろしくお願い致します。

 

インド占星術講座 by ミチユウ - The World of Light

占星術講座・個人講座&鑑定、無料ホロスコープ作成、インド占星術(ジョーティッシュ占星学)&西洋占星術の研究。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド占星術で使うラグナ

ラグナと言えば、通常はアセンダントの星座を意味します。
より正確に理解するために、インド占星術では様々なラグナが使われます。

静的な分析

時期を特定しない静的な分析では
 (1) アセンダント・ラグナ
 (2) 月ラグナ
 (3) カラカムシャ・ラグナ
 (4) 太陽ラグナ
以上のの4つを読んでいきます。

私はその人の性質の6~7割はアセンダント・ラグナから示されると考えています。
その他のラグナはあくまで補助的なもので、より分析の精度を高めるために使います。

静的な分析では
それぞれの惑星をラグナとして補助的に使います。

太陽・・・太陽と太陽から第10室から仕事について読みます。
     太陽と太陽から第9室から父親について読みます。
月・・・全般的なことを見ます。特にプライベートの生活について見るときに
    重視します。月からの第7室で配偶者について見ます。月から第4室
    で母親について読みます。
水星・・・水星と水星から第2室で言葉について読みます。
金星・・・金星から第7室で配偶者について見ます。
火星・・・火星と火星から第3室で弟妹についてみます。
木星・・・木星と木星から第5室で子供についてみます。
     木星と木星から第5室と第9室で精神性、道徳性を見ます。
     木星と木星から第11室で兄姉について見ます。

動的な分析

具体的に時期を見る動的な分析では、

(1) アセンダント・ラグナ
(2) マハー・ダシャー・ラグナ
(3) 月ラグナ
(4) 太陽ラグナ(仕事についてのみ)

の以上の4つから読みます。

私の場合、優先度はアセンダント・ラグナ4割、マハー・ダシャー・ラグナ4割、月ラグナと太陽ラグナは状況に応じて補助的に読んでいます。

動的な分析ではマハー・ダシャー・ラグナから分析することが非常に重要です。必ず、マハー・ダシャー・ラグナからも分析しましょう。

この複数のラグナをどう使うかというのが難しいところです。たくさんのラグナで読むとわけがわからなくなってきます。そこでちゃんと優先順位をつけて、共通して出てくることを読んでいきましょう。

インド占星術はたくさんのラグナを使うので一見複雑ですが、その分、精密な分析を行うことができます。インド占星術はすごいですね。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jyoti.blog108.fc2.com/tb.php/234-08acdc07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。