当ホームページはサーバー移行のため、お引越し致しました。

HP:http://maitrii.web.fc2.com/(http://michiyuu.info) → http://jyotish.michiyuu.info/
ブログ:http://jyoti.blog108.fc2.com/ → http://jyotish.michiyuu.info/wordpress/

お気に入りへ、ブックマークの変更をよろしくお願い致します。

 

インド占星術講座 by ミチユウ - The World of Light

占星術講座・個人講座&鑑定、無料ホロスコープ作成、インド占星術(ジョーティッシュ占星学)&西洋占星術の研究。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オサマ・ビンラディンは本当に射殺されたのか?

オサマ・ビンラディンが2011年5月2日、パキスタンのアボッターバードで米軍によって射殺されたと報じられました。

しかし、これは本当なのだろうかとインド占星術研究家としては気になるところです。調べてみると彼の出生情報が出てきました。

出生情報 → http://www.astrotheme.com/portraits/Mdw76FZ6CU3w.htm

オサマビンラディンチャート


このホロスコープが正しいとすると彼はMe-Me期に射殺されたことになります。第2室と第5室を支配する惑星が第10室に在住するダシャーです。無理やり説明すれば、ディスポジターが土星であり、マラカの第7室に在住しているので亡くなってもおかしくはないと言えないこともありません。

しかし、このような暗殺には普通は第8室や第12室が関わりがあります。この時期に暗殺されたというのは考えがたいと思いました。

つい最近、シェア・インターナショナルのページをたまたま見ていたら、以下のような記事が書いてありました。

http://sharejapan.org/sinews/200/270/post_399.html



Q オサマ・ビン・ラディンが、パキスタンに駐留するアメリカの特殊攻撃部隊によって殺害されたと発表されました。彼は(武装していないまま)目を撃たれ、殺され、その肉体は海に葬られたと言われています。ですから、もう本物かどうか検証することはできません。これは本当にビン・ラディンの最期だったのでしょうか。

A 私はオサマ・ビン・ラディンがもう生きていないと信じますが、アメリカ政府によるこの報告は私の得ている情報とは違います。それによれば、オサマ・ビン・ラディンは、長い闘病生活の後、2006年に安らかに息を引き取ったとのことです。彼は亡くなる前、「正義」(と彼が理解していたもの)への呼びかけを維持することを望み、彼の多くの弟たちに、彼が存在するという神話を維持するよう求めました。

Q 2007年にベナズール・ブット(元パキスタン首相)は、オサマ・ビン・ラディンは死んだとインタビューで語りました。(1)彼女は正しかったのですか。(2)彼はどのように死んだのですか。(3)彼の遺体は埋葬されましたか。(4)この話が正しければ、彼の死はなぜ秘密にされたのですか。(5)これらが事実だとすれば、アメリカ人はどれくらいの間、オサマ・ビン・ラディンの死去について知っていたのですか。

A (1)はい。(2)癌と腎臓病との長い闘病生活の後に亡くなりました。(3)埋葬されたのではなく、火葬されました。(4)若者たちのための呼びかけとして神話を維持したいと思ったからです。(5)おそらく彼がまだ生きていると信じていたのでしょう。





1.腎臓病を患っている配置とは。

まず、彼が腎臓病を患っていたということはどう説明されるのでしょう? 腎臓は第7室と金星とてんびん座が支配します。では、その傷つきを見てみましょう。

1)第7室
第7室には土星が在住し、第7室と第12室を支配した、敵対惑星であり、機能的にも生来的にも凶星の火星のアスペクトを受け、傷ついています。

2)第7室支配星
第7室支配星の火星は第1室に在住し、生来的凶星である土星のアスペクトを受けて傷ついています。また、第8室と第11室を支配し、強く凶星化し、しかも逆行している木星のアスペクトも受けて傷ついています。

3)金星
金星は太陽にコンバストされ、ラーフの5番目のアスペクトを受けて傷ついています。機能的凶星の木星の逆光アスペクトも受けています。

4)てんびん座
ラーフの在住により傷ついています。

明らかに腎臓を支配するすべての惑星、星座、ハウスが傷ついています。また、wikipediaによると腎臓病を患い始めたのは2004年からです。

ダシャーはSa-Ra期。土星は第7室に在住し、腎臓と第1室の肉体を傷つけています。ラーフは急性病の第6室に在住しています。第6室は入院も意味します。更にラーフは金星にアスペクトし、腎臓を傷つけ、太陽にアスペクトし肉体を傷つけています。

腎臓病を患い、闘病生活をしていたことが説明されます。


2.この時期亡くなったとしたとするインド占星術的な分析

そして、この記事で亡くなったとされる、2006年もSa-Ra期です。土星は死のマラカハウスに在住し、ラーフはアンコンディショナル・キラーです。この時期になくなったとするなら、極めて納得できる時期です。

果たして、本当に2011年5月に射殺されたのでしょうか。それともアメリカはテロとの戦いのために生きていることにしたかったのでしょうか。真実はわかりませんが、インド占星術的には興味深いテーマでした。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2013/02/12(火) 12:20:56 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2012/07/27(金) 18:15:05 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jyoti.blog108.fc2.com/tb.php/187-6f009e83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。