当ホームページはサーバー移行のため、お引越し致しました。

HP:http://maitrii.web.fc2.com/(http://michiyuu.info) → http://jyotish.michiyuu.info/
ブログ:http://jyoti.blog108.fc2.com/ → http://jyotish.michiyuu.info/wordpress/

お気に入りへ、ブックマークの変更をよろしくお願い致します。

 

インド占星術講座 by ミチユウ - The World of Light

占星術講座・個人講座&鑑定、無料ホロスコープ作成、インド占星術(ジョーティッシュ占星学)&西洋占星術の研究。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お釈迦さまの誕生日は4月15日?

ジョーティッシュ占星学の本に出ていたお釈迦さまのホロスコープを元にインド占星術ソフト“パラーシャラの光”で紀元前5世紀頃の星の配置を探していきました。そしたらなんとそれと一致する星の配置の日が出てきたのです。それは紀元前622年4月13日~15日の期間でした。

お釈迦さまのホロスコープ



お釈迦さまの出生年には諸説あり、未だに確定的なことはわかっていません。日本語のWikipediaには前463年または前560年とあり、だいぶ私の推測からはかけ離れています。しかし、英語のWikipediaでは前563年または前623とあったのです。諸説の一つとわずか一年違い、まあ2600年も昔の話1年など十分誤差範囲と考えられます。

星の運行は単純ではないので簡単に確立計算をすることはできませんが単純計算でいくと同じ配置になるのは約5万年に1日。このことからも、偶然の一致として片付けるには確率的に低すぎます。

月は約二日半で一星座移動するので、これだけでは日付を特定することはできません。ここがインド占星術師の腕の見せ所、ダシャーの検証で逆算を試みてみることにしました。その他の情報として、お釈迦さまは満月の生まれ、プシャヤのナクシャトラの生まれという言い伝えがあります。

そんなことから総合的にダシャーの検証をしていった結果、私の検証ではグレゴリオ暦では4月15日の午前9時30分くらいではなかろうかという結論に至りました。そうすると結婚、出家、悟り、入滅の時のダシャーまでが見事に説明できてしまうのです。

ただ、これはただの憶測に過ぎませんがとても興味深い検証です。お釈迦様がどんな人であったかを知る面白いひとつの手がかりになるでしょう。

明日のブログではお釈迦さまのチャートを実際に検証してみたいと思います。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:占星学 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jyoti.blog108.fc2.com/tb.php/122-d7f5ea73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。