当ホームページはサーバー移行のため、お引越し致しました。

HP:http://maitrii.web.fc2.com/(http://michiyuu.info) → http://jyotish.michiyuu.info/
ブログ:http://jyoti.blog108.fc2.com/ → http://jyotish.michiyuu.info/wordpress/

お気に入りへ、ブックマークの変更をよろしくお願い致します。

 

インド占星術講座 by ミチユウ - The World of Light

占星術講座・個人講座&鑑定、無料ホロスコープ作成、インド占星術(ジョーティッシュ占星学)&西洋占星術の研究。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴィムショタリ・ダシャーで読む結婚の時期

ヴィムショタリ・ダシャーで結婚の時期を読む時、結婚と言えばまず第一に第7室が思い浮かぶ。しかし、実際には第7室のに関わるダシャーだけが結婚が至るわけではない。ヴィムショタリ・ダシャーで結婚の時期を読む時、その人がどんな結婚に対する価値観を持っているかによって必ずしも第7室のダシャーで結婚するとは限らない。特に女性の場合は第4室や第10室のダシャーに結婚することもある。

それぞれのハウスによる結婚への意識の違いを見てみる。

第4室・・・パートナーを得ることではなく、家庭に入りたい、生活の安定を得たいという価値観による結婚。
第5室・・・結婚式のような派手なイベントは女性にとって自己実現の時である。それゆえに結婚式は第5室のダシャーが関わることが多い。
第6室・・・入籍。法的な契約としての結婚。
第7室・・・対等なパートナーとしての結婚。
第10室・・・結婚により社会的ステータスの向上に重きを置いた結婚。玉の輿結婚。

基本的には第7室の時期に結婚する人が多いがそれ以外にも以上のハウスの関わる時期に結婚する人もいる。どの時期が結婚に適した時期かを判断するにはその人の価値観も知る必要があるのだ。

また、逆に結婚した時期のダシャーを見ることによって、どんな意識や価値観で結婚に至ったかを読み取ることができる。例えば、第4室と第7室が両方絡んだ時期に結婚したら、その人はパートナーを得ることと家庭に入り安定することの二つの目的で結婚したことが推測される。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:占星学 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jyoti.blog108.fc2.com/tb.php/117-ff2d3894
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。