当ホームページはサーバー移行のため、お引越し致しました。

HP:http://maitrii.web.fc2.com/(http://michiyuu.info) → http://jyotish.michiyuu.info/
ブログ:http://jyoti.blog108.fc2.com/ → http://jyotish.michiyuu.info/wordpress/

お気に入りへ、ブックマークの変更をよろしくお願い致します。

 

インド占星術講座 by ミチユウ - The World of Light

占星術講座・個人講座&鑑定、無料ホロスコープ作成、インド占星術(ジョーティッシュ占星学)&西洋占星術の研究。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パートナーの収入で暮らせる星の配置

第8室には不労収入という意味があります。第7室(パートナー)から第2室(収入)でパートナーの収入の良さをあらわしています。女性で第8室が良ければ、専業主婦になりパートナーの収入で暮らすことができます。これが男性であれば“ひも”になれてしまいます。

実際、専業主婦のデータを集めていくと第5室と第9室の絡みが多くみられます。

・第8室支配星が第9室に在住。
・第9室支配星が第8室に在住。
・第5室支配星が第8室に在住。
・第8室支配星が第9室支配星のアスペクトを受けている。
・第8室支配星が第9室支配星とコンジャンクション。

などなど、第8室とトリコーナの絡みがパートナーの収入で暮らせる配置です。

次のチャートは山口百恵のチャートです。

山口百恵チャート

山口百恵は1972年にデビューし、1980年に結婚、引退し、家庭に入りました。

第8室の支配星が第1室で第5室支配星の金星とコンジャンクションしています。

家庭に入る結婚したい女性にとって第8室が良いことはとても重要なんですね。


スポンサーサイト

テーマ:占星学 - ジャンル:学問・文化・芸術

武田鉄矢は魚座集中

本日は「降りてゆく生き方」主演の武田鉄矢の分析です。

武田鉄矢チャート

出生情報:1949年4月11日(出生時刻不明 午前0時で作成) 福岡県福岡市

出生時刻がわからないので分析は難しいですが今日は読んでみたいと思います。

魚座集中ってのが武田鉄矢らしいですね。

魚座は芸術家に圧倒的に多い星座。

魚座は感覚、感情で今に生きる人達。
とても優れた芸術的感性を持っています。

特に武田鉄矢は金星が高揚しているのでその性質は更に高まります。
ミュージシャンとして海援隊をやっているのもこの魚座集中から来ていますね。

金星の高揚は華やかさをその人に与えます。
特に太陽とコンジャンクションしているので
仕事などで特に発揮されます。

金星と水星のコンジャンクションは表現力の豊かさを与えています。

水星の減衰は言葉の表現が詩人になります。

そして、魚座には火星も在住しているので芸術に対する溢れる情熱を与えています。

魚座集中して、金星と火星がコンジャンクション。
感覚的な快楽への溺れやすさが女性好きの性質を生み出しているんですね。

そして、魚座集中する惑星たちに冥王星が西洋占星術のアスペクトでトラインを形成しています。
冥王星は影響を与える惑星の性質を極限まで高めたり、絶対的な強固な意志を与えます。
これがあの強烈な濃いキャラクターを作り出しているんですね。



9/3 映画『降りてゆく生き方』上映会 in 千葉県茂原市

パーマカルチャー井戸端会議@ちば
http://www.facebook.com/event.php?eid=210979235620930

私が地域活動の一環で参加してますパーマカルチャー井戸端会議で映画上映会をします。
お近くの方、ぜひご参加ください。

次は主演の武田鉄矢のチャートをちょっと分析。


***********************************************************************************************

この度、千葉県茂原市で映画「降りてゆく生き方」(主演:武田鉄矢)の
上映&特別講演を実施する事が決定いたしました!

特別ゲストにご登壇頂き、食や自然、そして、これからの生き方などを語りあって頂くスペシャルトークも実施いたします。

特別ゲストには、映画「降りてゆく生き方」に多大なる影響を与えた、自然酒蔵元「寺田本家」23代目当主の『寺田啓佐』さん(発酵道/著者)に加え、その発酵道を編集され、 オーガニック・ジャーナリストとして活躍される一方、農を広めるプロジェクト「種まき大作戦」に立ち上げから参加されるなど多方面で活躍される『吉度日央里』さん、

そして、マクロビオティック料理研究家として活躍する一方、千葉県いすみ市に田畑つき古民家スペース「ブラウン ズフィールド」を設け、世界各国から集まる若者達と共に、持続可能な自給的生活をされている『中島デコ』さんの三名による豪華スペシャルトークを実施いたします。

関東エリアでの上映は、回数が限られていますので、是非、この機会に、豪華ゲストのお話とともに、映画「降りてゆく生き方」をお楽しみいただき、これからの「生き方」を考える時間を過ごして頂ければ幸いです。

上映後はゲストだけでなく、主催者、ご鑑賞頂いた方々、映画関係スタッフと感想や想いを語り合える交流会(無料)も実施いたします。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2011年9月3日(土) @千葉県茂原市 東部台文化会館

映画『降りてゆく生き方』上映会 in 千葉県茂原市

寺田啓祐×中島デコ×吉度日央里による豪華トークつき!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

■日にち:9月3日(土)

■会場:茂原市東部台文化会館
(千葉県茂原市東部台1-7-15/電話0475-23?-8711)
http://www.city.mobara.chi/?ba.jp%2Ftoubudai%2Fmap%2Fmap.htm

■時間:13:00(開場)/13:30(開演)

■内容:
・特別ゲストによるスペシャルトーク ⇒ 13:30~14:15
・映画「降りてゆく生き方」上映&舞台挨拶 ⇒ 14:30~17:00
・交流会 ⇒ 17:15~19:00(希望者のみ/無料)
※開始・終了時間は当日の進行により変更になる場合があります。

■特別ゲスト:
・寺田啓祐(自然酒蔵元『寺田本家』23代目当主)
http://www.teradahonke.co.jp/
・中島デコ(マクロビオティック料理研究家)
http://www.brownsfield-jp.com/
・吉度日央里(オーガニック・ジャーナリスト)

*特別ゲストの方々の詳しいプロフィールは、このページ最下部をご参照ください。
※ゲストは変更になる場合もあります。ご了承ください。

■参加費:
【前売】1,500円(一般)
【当日】2,000円(一般)
・18歳以下は、前売り、当日ともに1,000円
・未就学児・小学生は無料でご入場いただけます

※ 事前予約で、当日に「前売り扱い」のお支払いが可能です。
詳細HPにあるお申込み先に、「当日払い希望」とお書きになり、ご連絡ください。

★全席自由席
※小さなお子様を連れてのご鑑賞も大歓迎(託児所はありません)
※お体の不自由な方も安心してご参加いただけます
(事前に下記問い合わせまでご連絡ください)

■お申し込み方法:
1)以下の必要事項を確認、記載のうえ、
「メール」「電話」「ファックス」のいずれかでお申し込みください

★必要事項
○お名前(代表者氏名・ふりがな)
○振込みされる方の氏名(振込名義)*上記申込者と異なる場合のみ
○電話番号
○ファックス番号*ファックスでお申込みの方のみ
○上映会申し込み人数:合計_名
(一般__名/18歳以下__名/未就学児・小学生_名)

――――――――――――――――――――
★お申込み・メールアドレス
mobara94@nippon-p.org
――――――――――――――――――――

★お申込み・電話番号
070-5450-9937(市塲)
090-8476-8238(19時~21時のみ対応)
※時間帯によって受付番号が変わりますのでご注意ください。

――――――――――――――――――――=
★お申込み・ファックス
0475-47-3195
――――――――――――――――――――

2)最寄の金融機関より指定口座へ代金総額をご入金ください。
――――――――――――――――――――
<振り込み口座>
金融機関:千葉銀行
支店名:茂原支店
口座番号:3940025
店番号:248
口座名:パーマカルチャー井戸端会議@ちば 代表 村上 幹智雄
読み:パーマカルチヤーイドバタカイギ アツト チバ ダイヒヨウ ムラカミ ミチユウ
――――――――――――――――――――

※払込手数料はお客様負担となります。
※お申込みされる方(代表)の氏名と、振込される方の氏名(振込名義)が異なる場合は、事前にご連絡ください。
※複数枚の時は総額を指定口座へお振込み下さい。
※お振込み頂いた代金は返金いたしません。

3)【前売り券受け渡し方法】
★お振込み控えがチケットの代わりとなりますので当日ご持参下さいますようお願い申し上げます。
*ネットでのお振り込みは、お振り込みが分かるページを印刷して、当日お持ちください

――――――――――――――――――――
■前売り券お取り扱い
――――――――――――――――――――
*以下の場所で事前申込みの必要なく、直接入場券(前売り券)をご購入頂けます。

○中核地域生活支援センター 長生ひなた
http://www16.plala.or.jp/hinata_t/
(茂原市長尾2694/電話.0475-22-7859)

○Arteditorアートエディター
http://art-editor.net/
(山武郡大網白里町大網33-8(トップマート隣)/電話.0475-73-5929)

○嘉木 (ジャームー)
【営業時間】10:00~19:00 (L.O.18:00)
【定休日】 火曜日
(茂原市道表14-13/電話.0475-25-2791)

○NPOいすみライフスタイル研究所
http://www.isumi-style.com/
(いすみ市岬町長者549(いすみ市役所岬庁舎内)/電話.0470-62-6730)

○大里綜合管理株式会社
http://www.ohsato.co.jp/
(山武郡大網白里町みやこ野2-3-1/電話.0475-72-3473)

○NPO法人竹もりの里
http://takemori.org/
(長生郡長南町米満60-1/電話.0475-47-2071)

○cafe eight 8 enough (エイトイナフ)
http://d.hatena.ne.jp/namaji/
【営業時間】12:00~22:00(L.O.21:00)
【定休日】 水曜日
(東金市南上宿26-4上宿ハイツ101 /電話.0475-77-8717)

○シンパ・カフェ
http://www.sympacafe.com/
【営業時間】 AM 11:30~PM 2:00
PM 5:00~PM 9:00(L.O.8:30)
【定休日】 月・火
(茂原市高師975-3/電話.0475-24-1624)

○D soeur (ディースール)
【営業時間】 11:00~16:00
【定休日】  土・日・祝
(茂原市高師1087-4/電話.0475-84-9591)

○田舎暮らし・千葉房総ねっと 株式会社
http://www.bousou.net/
(長生郡長生村一松2353-3/電話.0475-32-4477(代)

○ブラウンズフィールド
http://www.brownsfield-jp.com/
ライステラスカフェ
【営業日&時間】 金・土・日 11:00~17:00
(いすみ市岬町桑田1501-1/電話.0470-87-4501)

○ベジタブルガーデン
http://www.herbisland.co.jp/
【営業時間】10時~17時
【休園日】火曜日
(大多喜町小土呂255 /TEL:0470-82-2556

++++++++++++++++++++++++++++++++

■主催:パーマカルチャー井戸端会議@ちば 『降りてゆく生き方』茂原市上映実行委員会
■後援:NPO法人あしたの国まちづくりの会
■協力:中核地域生活支援センター 長生ひなた

■お問合わせ先:
<お電話>
070-5450-9937(市塲)
090-8476-8238(榎本・19時~21時のみ対応)
※早朝、深夜によるお電話はご遠慮ください。
<電子メール>
mobara94@nippon-p.org

++++++++++++++++++++++++++++++++

====================
★特別ゲストのプロフィールご紹介:
====================
●寺田啓佐(てらだ・けいすけ)
1948年、千葉県生まれ。自然酒蔵元『寺田本家』23代目当主。
1974年、300年続く老舗の造り酒屋『寺田本家』に婿入りする。
1985年、経営の破綻と病気を機に、自然酒造りに転向。自然に学び、原点に帰った酒造りによる「五人娘」を製造販売する。
その後、発芽玄米酒「むすひ」や、どぶろくの元祖「醍醐のしずく」など、健康に配慮したユニークな酒を、次々と商品化し、話題を呼んでいる。
酒造業のかたわら、教育や食、環境といった生命にかかわる問題をテーマに、地域貢献に努め、地元の教育委員長や学校給食運営の会長などを歴任。
昨今は、全国各地から講演依頼があり、「微生物に教わる生き方」などをテーマに、ぬくもりのあるトークを行っている。
著書に『発酵道』(河出書房新社)、『斉藤一人 成功する人くさる人』(ロングセラーズ)がある。

●中島デコ(なかじま・でこ)
1958年、東京都生まれ。マクロビオティック料理研究家。
日本CI協会リマ・クッキングスクール師範科修了後、1986年より料理教室を開く。
1999年、フォトジャーナリストの夫とともに千葉県いすみ市に田畑つき古民家スペース「ブラウン ズフィールド」を設け、世界各国から集まる若者達と共に、持続可能な自給的生活をめざす。
2006年、金土日曜営業のマクロビオティックカフェ「ライステラス」を開店
現在、「クシマクロビオティック アカデミィ」をはじめ、国内外で、講演会やマクロビオティック料理講師として活躍中。
著書に、『マクロビオティックはじめてレシピ』、自分のライフスタイルを綴った『生きてるだけでいいんじゃない』(以上近代映画社)、『中島デコのマクロ ビオティック パンとおやつ』『ライステラスカフェ』(以上パルコ出版)、『大地からの贈りものレシピ』(サンマーク出版)など、
共著に『マクロビオ ティック望診法 美人のレシピ』(洋泉社)など、
DVDに『自然まるごといただきます』(JVD)がある。

●吉度日央里(よしどひをり)
オーガニック・ジャーナリスト。マクロビオティックインストラクター(ムスビの会認定)。
「種まき大作戦」出版部門担当。
「子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク」呼びかけ人
『美人のレシピ』(山村慎一郎著・中島デコ料理)、『発酵道』(寺田啓佐著)、『いちばんやさしい! マクロビオティックおいしいレシピ98』(大森一慧 著)、『心とからだをキレイにするマクロビオティック』(岡部賢二著)、『毎日のマクロビオティック―みなみ屋さんのお弁当』(みなみ屋さん著)などの編 集を手がける。
2007年、農を広めるプロジェクト「種まき大作戦」に立ち上げから参加し、『半農半Xの種を播く』や『土から平和へ』(以上2冊塩見直紀と種まき大作戦編著)、『土にいのちの花咲かそ』(加藤登紀子著/)などを制作。著書に『種まき大作戦~土と命に触れる生き方』、『かんたん! 部屋で野菜をつくる』(以上2冊サンマーク出版)がある。3人の男の子をマクロビオティックで育てる。


詳しくはこちら!
http://www.nippon-p.org/blog/2011/07/_in_102.html#more

インド占星術講座 【入門編】ページ作りました。

新たにインド占星術研究室のホームページを作りました。
こちらでは、ブログで書いた記事を体系的にまとめていきます。

http://maitrii.web.fc2.com/lab/


その中で

インド占星術講座 【入門編】というのを作りました。
インド占星術をはじめて見る人のための簡単なページです。

http://maitrii.web.fc2.com/lab/kouza/nyumon/index.html

インド占星術について、簡単に勉強してみたい方はご覧ください。

311東日本大震災の時の菅首相のトランジット

今日は菅首相と東日本大震災について検証してみたいと思います。

出生情報:1946年10月10日 山口県宇部市

菅直人首相チャート
(てんびん座に時刻修正) 

菅首相にとって重大な転機であった311震災時のトランジットを見てみます。


◆ 311震災時のトランジット

311大震災トランジット

出生の太陽に対して、苦悩と試練を与える土星が2度以内の緊密なコンジャンクションを形成しています。トラブルや事故を表す火星からの8番目のアスペクトも受けています。木星と水星のアスペクトも受け、おとめ座にアスペクトが集中しています。しかも太陽はAKです。運命的にとても困難な時期であったことが伺えます。

私は菅首相は天秤座ラグナだと考えています。そうすると、結婚の時期、家柄の良さ、父が技術者であったことなど、さまざまなことが説明されます。

安易な時刻修正の説は唱えたくないと思っていますが、やっぱり日本の転換期を迎えたときの歴史上重要な首相。インド占星術研究家としては時刻修正を試みてみたくなってしまいますね。

菅直人首相チャート2
菅直人首相チャート3

菅首相のラグナが天秤座だと仮定すると、首相という国家最高権力者の立場になるという出世をしながら最悪のことが起こったことが説明できます。太陽は第11室支配星なのでおとめ座に在住する太陽へのトランジットは願望成就、並外れた高い地位を菅首相に与えました。震災時もおとめ座へのダブルトランジットは継続中でした。今度はおとめ座の第12室のおとめ座の喪失、苦悩という象意が現れました。

ダシャーを検証してみても、天秤座ラグナであるとするとかなり納得できるダシャーです。


◆ 各種ダシャーの検証

ヴィムショタリ・ダシャーは月-水星期で水星は損失と苦悩の第12室を支配し、火星とコンジャンクションしています。マハー・ダシャー・ラグナとチャンドラ・ラグナからは大地を意味する第4室とマラカハウスの第7室を支配し、苦悩の第8室に在住しています。大震災による苦悩をよく表しています。

ヨーギニー・ダシャーは木星-ラーフ期です。ラーフ単独で混乱や苦悩、災害を表すのに木星からもラグナからも第8室にラーフは在住しています。これもまた、大変困難な時期であることを示しています。

また、チャラ・ダシャーは獅子座-蠍座期。蠍座はマハー・ダシャー・ラグナから大地を意味する第4室です。そこに出生図ではケートゥと土星がアスペクトしています。ナヴァムシャではラーフ、ケートゥ、土星、太陽の4凶星がアスペクトしています。ダシャムシャでもラーフ、ケートゥ、土星、太陽、GK(木星)のアスペクトを受け、これ以上ないくらいに困難な時期であることを示しています。

てんびん座ラグナであることをもっと確証できるよう検証を進めていきたいと思います。


インド占星術 それは智慧の道

インド占星術 それは数千年、数万年と
古(いにしえ)の時代から続く、太古の智慧。

インド占星術 それは宇宙の神秘を知る鍵。
宇宙に輝く星々の力を理解する者、運命の秘密を解き明かす。
生まれてきた意味、人生の目的を知る。

インド占星術 それは運命の仕組みを知る宇宙の神秘
光の科学 “ジョーティッシュ”

インド占星術を学ぶ者
その智慧によって内なる闇に光をもたらす。

内なる光、それは私たちの真の自己
魂、アートマン 愛、感謝、喜び

インド占星術 それは智慧の道

ラーフのトランジットと結婚

今日は『Journal of ASTROLOGY Mar-April 2011』に面白い記事が載っていたので簡単に紹介したいと思います。

ナヴァムシャにおけるRa-Ke軸のトランジットによって、結婚の時期を読み解くものです。

結婚の時、ナヴァムシャにおいてRa-Keが以下のようなトランジットを形成します。

1) Ra-Keが1/7軸にトランジット。または、第1室や第7室支配星とコンジャンクション。
2) Ra-Keが5/11軸にトランジット。または、第5室や第11室支配星とコンジャンクション。

結婚の時、この2つの条件のどちらかを満たしているそうです。

この記事では55の結婚うち、49のケースで成立していたと書いてあります。
49/55 つまり、89パーセント!すごいですね。

さて、自分ので検証してみたら・・・・。
ナヴァムシャラグナがひとつずれる?

ナヴァムシャのラグナが正確に特定できなければ使うのは難しい技法ですね。
逆に出生時刻修正に使えるかも。


テーマ:占星学 - ジャンル:学問・文化・芸術

ラーフとケートゥ、2つの幸せへの道

インド占星術にはラーフとケートゥという2つの仮想天体があります。
それは太陽と月の軌道の交差するポイント。
魂(太陽)と心(月)が織りなすもの。

西洋占星術ではドラゴン・ヘッド(ラーフ)とドラゴン・テイル(ケートゥ)。
一方は上半分の頭だけ、だから食べるだけ。
一方は下半分の尻尾だけ、だから排泄するだけ。

ラーフは現世的で物質的、欲望を満たすこと、快楽を求めます。
幸せになりたいがために、欲望を追い求め続けます。

しかし、その欲望によって得る幸せと喜びは一時的なもの。
しばらくすると、また何かが欲しくなり苦しみます。
そして、欲望を大きくすればするほど、その苦しみは大きくなってゆきます。
幸せは一時のもの、苦しみは永遠に終わることはありません。

一方、ケートゥは精神的で禁欲的、現世的な快楽を放棄しようとします。
何かを失うこと、手放すために苦しみます。
しかし、それは一時的な幸せではなく永続する幸せに近づいていく道です。
手放せば手放すほど幸せは大きくなってゆきます。
手放す苦しみは一時のもの、永遠の幸せに向かいます。

人はこのラーフとケートゥの2つの道を交互に行き来しながら成長していきます。
この地球上に生まれてきて、あらゆる経験をします。

ラーフはまた、混乱や不道徳、無信仰、突然の災害、大惨事を意味します。
欲望ばかりを追い求めていった結果です。

現代文明はこのラーフの道をひた走ってきたのでしょう。
幸せになりたいがために、欲望を追い求め続ける。
しかし、その行き着く先は・・・・。
幸せを追い求めた結果の破滅!?

私たちは、手放してゆくというスピリチュアルな道、
ケートゥの道に戻ってゆかなければならないのかもしれません。

ケートゥは自己に関する知識、神秘的な知識、真理を見通す智慧です。
そのために、物質と欲望を手放します。
ケートゥの至るところは永遠の平和と幸せである悟り。

さて、これから私たち人類はラーフとケートゥ
どちらの道を進んでゆくのでしょうか?

今この時代は、死と再生の時、破壊の後には新たな創造が始まります。
新たな創造の時代が早く訪れるといいですね。


追記:
西洋占星術ではラーフは吉星、ケートゥは凶星。
インド占星術では両方とも凶星。

でも、ラーフは一見、吉星。行き着く先は凶。
ケートゥは一見、凶星。行き着く先は吉。
なのかなって思います。

でも本当はスピリチュアルな占星術では吉凶はありません。
インド占星術は惑星の両面のすべてを理解してゆくことによって
この世界をより深く理解することで精神的な成長を促すものなのかなと思います。

だから、インド占星術は面白い、ただ運命を知るというおだけではない
この世界の真実を知る智慧。奥深い宇宙の智慧。

テーマ:占星学 - ジャンル:学問・文化・芸術

ニーチャバンガ・ヨーガ

今日はニーチャバンガ・ヨーガについて解説。

これは減衰の惑星があってもそれをキャンセルしてくれるヨーガです。

Elements of VEDIC ASTROLOGY vol.2 Dr.K.S.CHarak先生のを参考にしています。
それをうちゃさんが訳してくれたものです。

(a)減衰惑星が在住する星座の支配星がラグナまたは月からみてケンドラにあるとき。

(b)減衰惑星が高揚する星座の支配星がラグナまたは月からみてケンドラにあるとき。

(c)減衰惑星が、その惑星が在住している星座の支配星とコンジャンクトしているか、アスペクトされているとき。

(d)減衰惑星が、その惑星が高揚する星座の支配星とコンジャンクトしているか、アスペクトされているとき。

(e)減衰惑星が、その惑星が在住している星座の支配星と星座交換しているとき。

(f)2つの減衰惑星同士が、アスペクトしあっているとき。

初心者のうちは、減衰=ダメと思いがちですが
減衰があっても、有名人はたくさんいるんですね。

これは明治天皇陛下のチャートです。

明治天皇チャート

なんと王様の太陽が減衰!
土星も減衰、金星も減衰!

でも、ちゃんとキャンセルがいます。
太陽と土星は(f)の条件に当てはまり、減衰惑星同士がアスペクトしあっています。
金星は(e)に当てはまり、水星と星座交換しています。

そして、太陽は方角の強さを獲得してパワーアップ!!

やっぱり社会的に名声を得る人は第10室と第11室が強いですね。

ただ、ニーチャバンガがあってもその弱さはどっかに残ってるので読むときは要注意。

減衰惑星があっても、チャートを正しく読むためには
ニーチャバンガ・ヨーガが形成されていないかチェックが必要なんですね。

インドの神様 クリシュナのチャート

クリシュナチャート

K.N.ラオ先生の本『JYOTISH the super-science』を読んでいたら、クリシュナのチャートを発見!
そんなものが残っているなんて驚きです。

一般的には12星座のシステムは紀元前500年前後にメソポタミアで完成したと言われています。
しかし、それより遙か昔の伝説上の人物に牡牛座の生まれであると記されています。

だから、インド占星術はもっと起源の古いものだと書いてありました。

これは嘘か真かわからないがすごいチャートですね。
ほとんどの惑星が高揚の星座、ムーラトリコーナか定座に在住しています。

ラーフ・ケートゥのみが減衰。こんなチャートあり得るんですね。
さすがインドの神様★

変わって、次のチャートは私が見てきた中で最もパワフルなチャート。

ラーフ・ケートゥ高揚3

太陽、土星、金星が高揚。しかもなんと高揚の度数からすべて1度以内!
ラーフ・ケートゥも高揚し、しかもヴァルゴッタマ。
火星と木星は定座で、月はアスペクトバック。

はじめ見たときあり得ん!と思ったが
こんなチャートを持った人も世の中いるんですね。

この子はまだ20代でとっても才能あふれる子でした。
神秘体験も半端じゃない。

でも最近、ある程度インド占星術の理解が進んでくるとわかってくるのが、
高揚が多けりゃいいってもんじゃないってこと。

この宇宙はすべてバランスが大切。
星の配置もおんなじみたい。

さてさて、このチャートの持ち主の将来はどうなるのか楽しみです。

土星の禁欲とケートゥの禁欲の違い

土星とケートゥはどちらも禁欲の惑星です。
しかし、その意味合いはだいぶ異なります。

土星は我慢します。自己を抑圧します。
自らに試練を与えます。
そのため、強いストレスを抱えます。
その抑圧したものがはじけてしまうと不道徳な方向にもいきかねません。

それに対して、ケートゥの禁欲は
禁欲しようと思うより、執着が少ない、
自ら放棄しようという気持ちになるようです。


第1室土星の在住の人の断食と
第1室ケートゥ在住の人の断食を見て思いました。

第1室在住の人は忍耐強く我慢してます。
強い決意の元に実行します。

第1室ケートゥの人は何となくしようと思った。
何となく1週間の禁欲をしてみたといいます。

同じ禁欲でも、そのそれぞれの惑星の意味を的確に捉えることが大切なんですね。

テーマ:占星学 - ジャンル:学問・文化・芸術

トルーマンのガジャケーサリーヨーガ

トルーマンのガジャケーサリー 
http://astrodiary.blog114.fc2.com/blog-entry-399.html

清水さんのアストロダイアリーの記事を見ていたら、ガージャケーサリヨーガについて
興味深いことが書いてあったので、その問の答えを考えてみました。




そして、広島と長崎に原爆を投下する命令を下したのが、このトルーマン大統領です。

彼のホロスコープにもガジャケーサリー・ヨーガができています。

しかし、その性質についてみなさんご自身で検証してみてください。


原爆投下の正当性についてはいろいろ議論があるようです。

しかし、軍事施設のない人口密集地ということで
広島と長崎が投下目標に選ばれたというのは事実のようです。
他の兵器の影響を避け、純粋に原爆の効果だけを検証することができたからでした。

これは生体実験にほかなりません。

このようなジェノサイド(大量殺戮)の命令を下させたガジャケーサリー・ヨーガ、あるいは千歩ゆずってそれを阻止することができなかったといってもいいけど、そんなガジャケーサリー・ヨーガとはいったいなんぞや?

ガジャケーサリー・ヨーガがもたらす理想主義と高い徳性はいったいどこへ消えたのか?
あるいは、なぜ消えたのか?

そんな視点で、このガジャケーサリー・ヨーガを検証してみるといいんじゃないかと思います。

(アストロダイアリーより引用)




ただし、出生情報がWikipediaアストロデータバンク、どこを見ても1884/5/8のとあったのでそれを採用します。

■トルーマンの出生情報
アストロデータバンク
ASTROTHEME
WIKIPEDEIA

トルーマン大統領ホロスコープ

なぜ、原爆投下を決定するという非人道的決断を下せたのか?
それは彼のホロスコープは好戦的な性質を示す火星と冥王星の影響が強く、
道徳性と慈悲の木星が激しく傷ついているためではないかと思います。

火星の影響は悪く出ると、攻撃的で残酷な性質を示します。
土星の影響は悪く出ると、冷淡な性質を示します。
冥王星は残酷な性質を示します。

①火星の影響
・火星が月にアスペクトしている。
・太陽が火星の星座に在住している。
・第5室に火星がアスペクトしてる。

②木星の傷付き
・火星とコンジャンクションしている。
・土星の3番目のアスペクトを受けている。

③冥王星の影響
・第1室支配星の水星に冥王星が1度以内と緊密なコンジャンクションを形成している。
・第5室支配星の土星も冥王星とコンジャンクションしている。

原爆投下を決断したとき、彼のヴィムショタリ・ダシャーは水星-土星期でした。
水星も土星も道徳性の第9室に在住します。
彼は彼なりの価値観による正当な判断をし、決断したのかもしれません。

そこに「死と再生」「プルトニウム」を意味する冥王星もコンジャンクション
しているというのはとても興味深いことです。

日本にとっては死であり、再生への始まりでした。

歴史において、何が正しかったのかという判断はとても難しいものですね。

テーマ:瞑想学 - ジャンル:学問・文化・芸術

08/15のツイートまとめ

jyotishMichiyuu

私たち一人ひとりが自らの内にある怒りを克服することに意識を向けましょう。平和のための戦いは自らの内にあります。世界の平和は私たちの心の総和です。一人ひとりが平和になること、その連鎖が世界の平和につながっていくのだと私は思います。
08-15 16:40

今の環境破壊、終わりなき戦争、科学技術至上主義、西洋医学の終わりなき病原菌との戦いなどはすべて火星の間違った使い方の結果です。火星の怒りと闘争的な性質は敵なきところに敵を作り出し、自ら終わりなき戦いの中に落ちていきます。火星の破壊行為は最終的に自らを破滅させます。
08-15 16:35

怒りのカルマを消滅させたときに得られる平和を、自らの体験を通して理解することが世界がどうやったら平和になるかを理解する道だと思う。
08-15 15:36

怒りのカルマを根源から消滅させる方法は色々あると思う。私の体験上知りうるのはヴィパッサナー瞑想だ。
08-15 15:31

時に怒ることも必要だと言われる。この世界にあるものはすべて意味があり、必要なものだと思う。しかし、怒りは怒ることがいかに無意味で自分と他人を苦しめるかということを知るまで怒ることに意味があるのだと思う。怒ることの無意味さを理解したとき、怒りのカルマは昇華される。
08-15 15:30

私たち一人ひとりが火星の怒りのカルマをクリアすることが世界の平和につながっていく。そして、火星の良い面を使うっていく。情熱、チャレンジ精神、行動力、集中力、論理的な思考能力。心の奥底にある、火星の怒りのカルマを消滅させよう。内なる怒りが消滅してゆくと争いは自然と少なくなっていく。
08-15 15:26

火星には支配欲、権力欲があり、欲望の強い惑星だ。その根底にあるのは内なる怒りのカルマだ。その怒りにによって自らを傷つけ、人を傷つける。だから、いつまでも心は満たされない。だから、支配欲、権力欲、いろんな欲望に意識が向かう。その欲望を満たすことで自分を満たそうとする。
08-15 15:20

今日は終戦記念日。インド占星術的にどうやったら世界は平和になるか考えてみる。それは火星のカルマをクリアすることだと思う。火星のカルマは「怒り」。怒りが発展すると「憎しみ」になり、それが更に発展すると「恨み」に変わる。火星のその怒りのカルマが他者を攻撃し、争いを生み出す。
08-15 15:18

今日は終戦記念日。平和について考える日。

今日は終戦記念日。平和について考える日。

今日はうちでキャンドルナイトだ。

どんな人が来て、どんなキャンドルナイトになるか楽しみです。

そこで平和について以前書いた記事の紹介。

興味のある人は読んでみてください。

1208はジョンレノンの命日、「世界どうじたはつ平和」の日! その1
★☆★ 世界と地球のために今すぐ私たちにできること ★☆★
http://jyoti.blog108.fc2.com/blog-entry-97.html

1208はジョンレノンの命日、「世界どうじたはつ平和」の日! その2
★☆★ 今すぐできる平和活動 - 私たちの心の平和をつくる ★☆★
http://jyoti.blog108.fc2.com/blog-entry-99.html

これは人生の開運法でもあります。
人生をより良いものにしたい人は実践してみたください。

玄米人間

今日は夏バテかストレスかなんなのか、全く集中力もないし、やる気もないし、頭もちょっと混乱気味でだるくて、体に力も入らずヘナヘナな感じだった。ここんとこ暑いので麺類やら白米やら、果物、甘いものとか、体を冷やすものばっかり食べていた。

たいてい元気がないなと思ったとき、僕は玄米をしばらく食べてないで精製した食品ばかり食べているときだ。暑くて玄米なんか食べる気がしないけど、これじゃどうにもならんと思って玄米を食べることにした。

そして、久々に玄米を食べて、15分くらいしたら、体に力が入らず、無気力っぽかったのが急に元気になってきた。そんなに速く消化して、体に影響を与えるのかなとは思ったが、事実元気になった。思い込みで元気になったかもしれないけど、そんなんで元気になれるならそれはそれでいいのかなと思う。

でも、陽性にして元気になろうと思って塩とかとってもあんまり変わらないし、やっぱり玄米にはカロリーや栄養だけではない、生きた種としての何かがあるのかなと思う。いつも玄米を食べて元気になる時は、必ず生命エネルギー、気みたいのが入ってる感覚がある。

精製して死んだ食べ物にはそれがない。人は生きた全粒穀物、日本人なら玄米や雑穀を食べないと本当の生を生きられないのかなと思う。

今日は最初に書いた、なんかどうしようもない症状は明らかに陰性過多の症状だったことを実感した。やっぱり体で納得していくとよくわかる。やっぱり、いい人生を生きたいと思ったら体が本当に必要としてる、自然ないい食べ物を食べるのが大切なことなんだなと改めて実感した。

体が元々丈夫な人はこんな劇的に変化がわからないかもしれないけど、多かれ少なかれ体と心に影響を与える食べ物。いい幸せな人生を生きたかったら、食べ物を意識して変えていくのが大切。白米や分づき米に雑穀でもいいから、全粒穀物を食べましょう☆

2011年10月1日(土) 東京一ツ橋ホールにて久司道夫講演会があります。
「日本から世界へ、世界から日本へ~マクロビオティック食の道~」
http://www.macrobiotic-academy.jp/news/detail.php?id=203
僕も行きたいなあ。


すべての原因は私たちの心の中に・・・。

人生には様々な困難や苦しみ、喜びと幸せがある。
多くの人々は苦しみの原因を外に求め続け、現実を受け入れようとはしない。
望むことは起きず、望まないことが起き続ける。
夫が、妻が、あの人が、上司が、環境が、過去生のカルマが・・・。
と原因を外の何かに求めようとする。

人のすべての苦しみの原因は私たちの内面にある。
私たちの心の中にあるものに原因がある。
ほとんどの人はそれがわからない、認めたくない、受け入れられない。

苦しみの原因は外の誰かや環境やモノでない。
人は外の世界の現実を受け入れ、自分の内なる世界の現実を受け入れたときに
初めて、精神性の向上による幸せへの道は開かれる。

すべての出来事には原因があり、結果がある。
今の自分を苦しめている原因を断てば、苦しみは自ずと消えてゆく。
そして、自ずと幸せな人生への道が現れる。

・・・・と思っても、自分の内なる原因を消すことはとても難しい。
インド占星術とヴィパッサナー瞑想をを通して、自己を見つめていく中で
すべての苦しみの原因は内にあるという理解が少しづつ深まってきた。

そして、自分の内なる原因を消滅させたとき、
宇宙は必ず、「深い心の安らぎ」と「喜び」と「感謝」というとっておきのご褒美をくれる。
その度に苦しみの原因は内にあるという確信が深まってゆく。

「苦しみの原因を外に求めることをやめよう」と私は思う。

テーマ:瞑想学 - ジャンル:学問・文化・芸術

ラーフ・ケートゥ高揚の世代と霊能力

インド占星術を見ている中で明らかに特別な能力、霊感があるという人達がいるということがわかってきました。その中でも特に霊感が強いという人達がいます。多くの人を見る中でその共通点が見えてきました。

それはラーフ・ケートゥの高揚の世代です。この世代だけが霊感があるわけではないし、この世代の全員が霊感を持っているわけではありません。しかし、話を聞いている中でずば抜けて、この世代の霊感は強いのを感じます。

霊感といってもいろいろありますが、この世代の特徴は能力に差はあるものの良いものも悪いものも見えたり聞こえたりするようです。天使の声!?や霊、御霊、妖精など、私にはそういった能力がないのでわからないですが、そういったものが見える・聞こえる人たちがいるということが明らかにインド占星術を通して理解できます。

霊感のある人の特徴は
・さそり座が強い。火星が定座で在住、ケートゥが高揚、アスペクト集中。
・第8室や第12室が強い。高揚、定座の惑星が在住する。ケートゥが在住する。

● チャート1
ラーフ・ケートゥ高揚1
・第12室のさそり座でケートゥが高揚

● チャート2
ラーフ・ケートゥ高揚2
・第8室のさそり座でケートゥが高揚

● チャート3
ラーフ・ケートゥ高揚3
・第8室支配星の土星が高揚
・第12室に高揚のラーフが在住し、その支配星金星が高揚
・さそり座でケートゥが高揚し、火星が定座で在住。

● チャート4
ラーフ・ケートゥ高揚4
・第8室に木星が定座で在住。
・第12室に火星がアスペクトバックし、第9室支配星がアスペクト。第12室支配星の火星に第9室支配星がコンジャンクション。
・さそり座でケートゥが高揚し、さそり座に水星、金星、太陽のアスペクト集中。

以上の中で明らかにチャート3と4が強い。実際この二人が強い霊感、サイキック能力を持っています。

こういった人たちをその能力に振り回されて大変な人生を送っている人、その能力を生かして占い師をしている人もいます。こういった見えない世界が実際に存在するんだなとインド占星術を通して理解するようになりました。インド占星術で見れば、こういった霊能力という能力があるかどうかというのも見てとることができるのは、とても興味深い。


テーマ:占星学 - ジャンル:学問・文化・芸術

内なる太陽、それは人間の本質

内なる太陽。それは私たちの生命の源、無限のエネルギー供給体。

以前とある本に心臓の中に聖地があると書いてあったのを読んだ。そのときは、その意味は全くわからなかった。

ヴィパッサナー瞑想を続け、心の浄化が進むことでその意味がだんだんと理解できるようになってきた。私たちの胸の中、その中心部にはかすかに神聖な光が存在する。それが何なのか、まだ自分にははっきりとはわからない。それは「魂」なのか、「アートマン」なのか、「愛」なのか、「真理」なのか、ハートチャクラの覚醒なのか、わからない。

それを私は「内なる太陽」と呼ぶことにした。インド占星術では太陽は魂、生命力、アートマン、真理、エネルギーを意味するからだ。

空にサンサンと輝く太陽。それは私たちに暖いエネルギーを与えてくれる。太陽はすべての生命エネルギーの源。すべての地上の生命にとってなくてはならないもの。

「内なる太陽」も私たちにたくさんのエネルギー、生命力を与えてくれる。「内なる太陽」に意識をフォーカスしたとき、それは自然な心からの感謝の気持ちを呼び覚ます。そして、深い安らかな喜び、心の平和をもたらしてくれる。無限のエネルギーの供給してくれるもの。

ヴィパッサナー瞑想を続け、心の浄化が進めば進むほど、内なる太陽に意識をフォーカスできる時間が長くなってくる。何か悶々として苦しんでいるときも、内なる太陽に意識を戻せたとき、一瞬にしてこの世界は変わる。希望に満ちた光ある世界に変貌する。内なる太陽に意識を合わせたとき、いつでも幸せが訪れ、この世界は楽園になる。内なる太陽は心からの深い、愛、喜び、感謝、慈悲の心を呼び覚ます。

内なる太陽は、心の中に「怒り」「不安」「欲望」「エゴ」のあるとき決して現れてはくれない。これらの感情が雲となり、内なる太陽の光を遮ってしまう。

この内なる太陽から得られる喜びは、物質世界的などんな欲望で得られる喜びよりも大きな喜びを与えてくれる。平安な深い喜びに満ちた世界。きっとこれがすべての人がもった人間の本質なのだろう。ただ、私たちはそれを自らの無知より見失ってしまっているだけなのだ。

これからもヴィパッサナー瞑想を続け、内なる太陽と一つになる道を歩み続けたい。この道は苦悩からの解放の道、智慧の道。


日本ヴィパッサナー協会 http://www.jp.dhamma.org/

9/3 映画『降りてゆく生き方』上映会 in 千葉県茂原市

本日はインド占星術の記事ではないですが僕の参加しているグループの映画上映会のお知らせです。
お近くの方、ぜひ見に来てください。

今は変化の節目のとき、
どんな生き方をするか、それがこれからの日本の未来を決定していきますね。
私たちの未来のために、子供たちのために、人と自然を大切にする生き方をしましょう!




この度、千葉県茂原市で映画「降りてゆく生き方」(主演:武田鉄矢)の
上映&特別講演を実施する事が決定いたしました!

特別ゲストにご登壇頂き、食や自然、
そして、これからの生き方などを語りあって頂くスペシャルトークも実施いたします。

特別ゲストには、映画「降りてゆく生き方」に多大なる影響を与えた、
自然酒蔵元「寺田本家」23代目当主の『寺田啓佐』さん(発酵道/著者)に加え、
その発酵道を編集され、 オーガニック・ジャーナリストとして活躍される一方、
農を広めるプロジェクト「種まき大作戦」に立ち上げから参加されるなど多方面で活躍される
『吉度日央里』さん、

そして、マクロビオティック料理研究家として活躍する一方、千葉県いすみ市に田畑つき
古民家スペース「ブラウン ズフィールド」を設け、世界各国から集まる若者達と共に、
持続可能な自給的生活をされている『中島デコ』さんの三名による豪華スペシャルトークを
実施いたします。

関東エリアでの上映は、回数が限られていますので、是非、この機会に、豪華ゲストのお話と
ともに、映画「降りてゆく生き方」をお楽しみいただき、これからの「生き方」を考える時間を
過ごして頂ければ幸いです。

上映後はゲストだけでなく、主催者、ご鑑賞頂いた方々、映画関係スタッフと感想や想いを
語り合える交流会(無料)も実施いたします。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2011年9月3日(土) @千葉県茂原市 東部台文化会館

映画『降りてゆく生き方』上映会 in 千葉県茂原市

寺田啓祐×中島デコ×吉度日央里による豪華トークつき!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

■日にち:9月3日(土)

■会場:茂原市東部台文化会館
(千葉県茂原市東部台1-7-15/電話0475-23?-8711)
http://www.city.mobara.chi?ba.jp/toubudai/map/map.htm

■時間:13:00(開場)/13:30(開演)

■内容:
・特別ゲストによるスペシャルトーク ⇒ 13:30~14:15
・映画「降りてゆく生き方」上映&舞台挨拶 ⇒ 14:30~17:00
・交流会 ⇒ 17:15~19:00(希望者のみ/無料)
※開始・終了時間は当日の進行により変更になる場合があります。

■特別ゲスト:
・寺田啓祐(自然酒蔵元『寺田本家』23代目当主)
http://www.teradahonke.co.jp/
・中島デコ(マクロビオティック料理研究家)
http://www.brownsfield-jp.com/
・吉度日央里(オーガニック・ジャーナリスト)

*特別ゲストの方々の詳しいプロフィールは、このページ最下部をご参照ください。
※ゲストは変更になる場合もあります。ご了承ください。

■参加費:
【前売】1,500円(一般)
【当日】2,000円(一般)
・18歳以下は、前売り、当日ともに1,000円
・未就学児・小学生は無料でご入場いただけます

★全席自由席
※小さなお子様を連れてのご鑑賞も大歓迎(託児所はありません)
※お体の不自由な方も安心してご参加いただけます
(事前に下記問い合わせまでご連絡ください)

■お申し込み方法:
1)以下の必要事項を確認、記載のうえ、
「メール」「電話」「ファックス」のいずれかでお申し込みください

★必要事項
○お名前(代表者氏名・ふりがな)
○振込みされる方の氏名(振込名義)*上記申込者と異なる場合のみ
○電話番号
○ファックス番号*ファックスでお申込みの方のみ
○上映会申し込み人数:合計_名
(一般__名/18歳以下__名/未就学児・小学生_名)

――――――――――――――――――――
★お申込み・メールアドレス
mobara94@nippon-p.org
――――――――――――――――――――

★お申込み・電話番号
070-5450-9937(市塲)
090-8476-8238(19時~21時のみ対応)
※時間帯によって受付番号が変わりますのでご注意ください。

――――――――――――――――――――=
★お申込み・ファックス
0475-47-3195
――――――――――――――――――――

2)最寄の金融機関より指定口座へ代金総額をご入金ください。
――――――――――――――――――――
<振り込み口座>
金融機関:千葉銀行
支店名:茂原支店
口座番号:3940025
店番号:248
口座名:パーマカルチャー井戸端会議@ちば 代表 村上 幹智雄
読み:パーマカルチヤーイドバタカイギ アツト チバ ダイヒヨウ ムラカミ ミチユウ
――――――――――――――――――――

※払込手数料はお客様負担となります。
※お申込みされる方(代表)の氏名と、振込される方の氏名(振込名義)が異なる場合は、
事前にご連絡ください。
※複数枚の時は総額を指定口座へお振込み下さい。
※お振込み頂いた代金は返金いたしません。

3)【前売り券受け渡し方法】
★お振込み控えがチケットの代わりとなりますので当日ご持参下さいますよう
お願い申し上げます。
*ネットでのお振り込みは、お振り込みが分かるページを印刷して、当日お持ちください

――――――――――――――――――――
■前売り券お取り扱い
――――――――――――――――――――
*以下の場所で事前申込みの必要なく、直接入場券(前売り券)をご購入頂けます。

○中核地域生活支援センター 長生ひなた
http://www16.plala.or.jp/hinata_t/
(茂原市長尾2694/電話.0475-22-7859)

○Arteditorアートエディター
http://art-editor.net/
(山武郡大網白里町大網33-8(トップマート隣)/電話.0475-73-5929)

○嘉木 (ジャームー)
【営業時間】10:00~19:00 (L.O.18:00)
【定休日】 火曜日
(茂原市道表14-13/電話.0475-25-2791)

○NPOいすみライフスタイル研究所
http://www.isumi-style.com/
(いすみ市岬町長者549(いすみ市役所岬庁舎内)/電話.0470-62-6730)

○大里綜合管理株式会社
http://www.ohsato.co.jp/
(山武郡大網白里町みやこ野2-3-1/電話.0475-72-3473)

○NPO法人竹もりの里
http://takemori.org/
(長生郡長南町米満60-1/電話.0475-47-2071)

○cafe eight 8 enough (エイトイナフ)
http://d.hatena.ne.jp/namaji/
【営業時間】12:00~22:00(L.O.21:00)
【定休日】 水曜日
(東金市南上宿26-4上宿ハイツ101 /電話.0475-77-8717)

○シンパ・カフェ
http://www.sympacafe.com/
【営業時間】 AM 11:30~PM 2:00
PM 5:00~PM 9:00(L.O.8:30)
【定休日】 月・火
(茂原市高師975-3/電話.0475-24-1624)

○D soeur (ディースール)
【営業時間】 11:00~16:00
【定休日】  土・日・祝
(茂原市高師1087-4/電話.0475-84-9591)

○田舎暮らし・千葉房総ねっと 株式会社
http://www.bousou.net/
(長生郡長生村一松2353-3/電話.0475-32-4477(代)

○ブラウンズフィールド
http://www.brownsfield-jp.com/
ライステラスカフェ
【営業日&時間】 金・土・日 11:00~17:00
(いすみ市岬町桑田1501-1/電話.0470-87-4501)

○ベジタブルガーデン
http://www.herbisland.co.jp/
【営業時間】10時~17時
【休園日】火曜日
(大多喜町小土呂255 /TEL:0470-82-2556

++++++++++++++++++++++++++++++++

■主催:パーマカルチャー井戸端会議@ちば 『降りてゆく生き方』茂原市上映実行委員会
■後援:NPO法人あしたの国まちづくりの会
■協力:中核地域生活支援センター 長生ひなた

■お問合わせ先:
<お電話>
070-5450-9937(市塲)
090-8476-8238(榎本・19時~21時のみ対応)
※早朝、深夜によるお電話はご遠慮ください。
<電子メール>
mobara94@nippon-p.org

++++++++++++++++++++++++++++++++

====================
★特別ゲストのプロフィールご紹介:
====================
●寺田啓佐(てらだ・けいすけ)
1948年、千葉県生まれ。自然酒蔵元『寺田本家』23代目当主。
1974年、300年続く老舗の造り酒屋『寺田本家』に婿入りする。
1985年、経営の破綻と病気を機に、自然酒造りに転向。自然に学び、原点に帰った酒造りに
よる「五人娘」を製造販売する。
その後、発芽玄米酒「むすひ」や、どぶろくの元祖「醍醐のしずく」など、健康に配慮した
ユニークな酒を、次々と商品化し、話題を呼んでいる。
酒造業のかたわら、教育や食、環境といった生命にかかわる問題をテーマに、地域貢献に努め、
地元の教育委員長や学校給食運営の会長などを歴任。
昨今は、全国各地から講演依頼があり、「微生物に教わる生き方」などをテーマに、ぬくもりの
あるトークを行っている。
著書に『発酵道』(河出書房新社)、『斉藤一人 成功する人くさる人』(ロングセラーズ)がある。

●中島デコ(なかじま・でこ)
1958年、東京都生まれ。マクロビオティック料理研究家。
日本CI協会リマ・クッキングスクール師範科修了後、1986年より料理教室を開く。
1999年、フォトジャーナリストの夫とともに千葉県いすみ市に田畑つき古民家スペース
「ブラウン ズフィールド」を設け、世界各国から集まる若者達と共に、持続可能な
自給的生活をめざす。
2006年、金土日曜営業のマクロビオティックカフェ「ライステラス」を開店
現在、「クシマクロビオティック アカデミィ」をはじめ、国内外で、講演会や
マクロビオティック料理講師として活躍中。
著書に、『マクロビオティックはじめてレシピ』、自分のライフスタイルを綴った
『生きてるだけでいいんじゃない』(以上近代映画社)、
『中島デコのマクロ ビオティック パンとおやつ』『ライステラスカフェ』(以上パルコ出版)、
『大地からの贈りものレシピ』(サンマーク出版)など、
共著に『マクロビオ ティック望診法 美人のレシピ』(洋泉社)など、
DVDに『自然まるごといただきます』(JVD)がある。

●吉度日央里(よしどひをり)
オーガニック・ジャーナリスト。マクロビオティックインストラクター(ムスビの会認定)。
「種まき大作戦」出版部門担当。
「子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク」呼びかけ人
『美人のレシピ』(山村慎一郎著・中島デコ料理)、『発酵道』(寺田啓佐著)、
『いちばんやさしい! マクロビオティックおいしいレシピ98』(大森一慧 著)、
『心とからだをキレイにするマクロビオティック』(岡部賢二著)、
『毎日のマクロビオティック―みなみ屋さんのお弁当』(みなみ屋さん著)などの
編 集を手がける。
2007年、農を広めるプロジェクト「種まき大作戦」に立ち上げから参加し、
『半農半Xの種を播く』や『土から平和へ』(以上2冊塩見直紀と種まき大作戦編著)、
『土にいのちの花咲かそ』(加藤登紀子著/)などを制作。
著書に『種まき大作戦~土と命に触れる生き方』、『かんたん! 部屋で野菜をつくる』
(以上2冊サンマーク出版)がある。
3人の男の子をマクロビオティックで育てる。


詳しくはこちら!
http://www.nippon-p.org/blog/2011/07/_in_102.html#more

第7室への火星在住は結婚に問題!?

第7室への火星の在住は結婚関係で問題の出る典型的な配置です。
インドでは、クジャ・ドーシャとしてとても恐れられています。

第7室火星は配偶者に先立たれる配置とされています。
また、第7室の火星には火星的な性質の配偶者、暴力、争い、離婚、不倫という意味もあります。 

しかし、その出方も色々でそう単純ではありません。

以前見た、魚座ラグナの方の第7室の火星在住。
この方は火星のマハーダシャーはとても幸せな結婚生活を送られていました。

魚座ラグナ7室火星

それはなぜか?

第7室の火星は第2室と第9室を支配しています。
第9室は最高のトリコーナハウス。幸運のハウスです。
パートナーは決して怒らない寛大な
とてもいい尊敬できる人だったそうです。

第9室は幸運のハウスであり、同時にグル(個人指導の先生)のハウスです。
だから、とても尊敬できる人物がパートナーになります。

それではこの人はそのまま幸せな結婚生活を・・・。
とはいかず、その火星のカルマは火星のその終焉解とともに
次のラーフ期に自らの過ちによりあえなく離婚に・・・。

旦那さんは最後までいい人だったそうです。
過ちを犯す彼女を最後まで父親(第9室)のように気遣い、見守っていたそうです。

第7室火星のカルマはホロスコープによって、いろいろな形で現れます。
ホロスコープの読み方は支配ハウスも含めて総合的な判断力が必要なのですね。

「第7室火星=悪い」と単純に考えることはできないのですね。

“浄化”、それが運命を変える方法

魂     魂の浄化  悟りに至るまでの瞑想
↑ 
心     心の浄化  瞑想、ヒーリング、奉仕活動
↑ 
体     体の浄化  食事法 マクロビオティックやアーユルヴェーダなど自然な食
↑           体の調整 ヨガや操体法など
環境 人  言葉の浄化 心通じ合うコミュニケーションスキル
   ↑
   物質 物質の浄化 整理整頓、掃除、空間浄化、風水

人には定められた運命があります。それはインド占星術を学んでいると疑いようもありません。人は基本的な運命の流れには逆らうことはできないのです。

だからといって、全く運命を変えられないというわけではありません。では、人生を喜びある幸せなものにどうやったら変えられるのか? 自分自身、インド占星術を学ぶ中で悩み考えさせられ、様々な方法を試してきました。それがようやく、一本の道として答えが見えてきました。

運命を変えるその基本は"浄化"にあるのだと思いました。あらゆる不要なものを削ぎ落していく浄化に運命を良いものに変える答えがあるのだと私は思います。

(つづく)

リンク更新しました☆

本日は左メニューを更新しました。

・自分の関連サイト
・インド占星術お薦めリンク

他にもいいインド占星術サイトありますのでみてみてください。

肝腎要の木星と金星

日本語で「肝腎要」とは肝臓の「肝」と腎臓の「腎」と書く。
これは人間の体の中で最も重要な臓器だからです。

肝臓は体内に入った毒素を解毒する器官です。
腎臓は体内の毒素を排出する器官です。

人の体の健康を維持するためにこの二つの臓器が
とても重要な意味を持ちます。

それがインド占星術をしていると極めて納得できる面白い相関関係があります。

肝臓は最大吉星である木星が担当します。
腎臓は第2番目の吉星である金星が担当します。

木星は幸運や智恵、前向きな思考、子供を意味します。
金星は愛や調和、喜び、結婚、恋愛を意味します。

インド占星術ではこの2つの吉星の状態が良いことがとても重要です。
それは人生の幸運や人との調和、喜び、人生を幸せに
生きられるかということに関係してくるからです。

もし、インド占星術で木星が傷ついているなら、
前向きな考え方ができず、悲観的な人生観のために人生の幸運を失ってしまいます。
そして、それは医療占星術的には肝臓に問題がある可能性があることを意味します。

もし、金星が傷ついているなら、
愛と調和がうまく表現できずに人との関係に問題が起きます。
恋愛や結婚でうまくいかなくなります。
それは同時に腎臓に問題があることも表しています。

だから、インド占星術を通して考えると
肝腎要の重要さがとてもよくわかります。
人生が幸運で喜びに満ちたものになるかは
木星と金星、肝臓と腎臓がよいかどうかにかかっているのです。

だから、肝臓や腎臓に負担をかけない食生活をすることが
人生を幸せに生きる上でとても重要になります。

つまり、解毒しなければいけないような毒素の摂取をなるべく少なくすることです。

化学物質、農薬、添加物、過剰なアルコール
白砂糖などの精製した食品、過度の動物性たんぱく質・・・。

これらを極力控え、毒素を排泄してくれる玄米や雑穀などの食物を中心とした
自然な食物をとる食生活に変えてみましょう。

マクロビオティックのような良い食生活をすることは
とても大きな人生の開運法になるのです。

「肝腎要」、これには本当に深い意味
昔の人の智慧が隠されているのですね。
あなたも食事を変えてみませんか?

食事を変えることは誰でもできる人生を変える方法です。

・マクロビオティック羅針盤
http://www.m-biotics.com/

・マクロビオティック生活
http://www.macrobi.org/

・マクロビオティック 正食協会
http://www.macrobiotic.gr.jp/

・雑穀つぶつぶ料理
http://www.tsubutsubu.jp/

テーマ:占星学 - ジャンル:学問・文化・芸術

インド占星術師にはヴィパッサナー瞑想

ヴィパッサナー瞑想3日間コース受けてきました。
わずか3日間だけど、2年半ぶりのコースでした。
毎回、得るものがあってすごいけど、今回もよかった。

集中して座るとぜんぜん違う。
ここ1年以上毎日、1時間以上瞑想するように継続してたので
穏やかになるのも速かった。
ホントに心の汚れが浄化されているのを実感。

終わって、すごく平和で穏やかな気分になったが、そのすごさは
翌日の今日、ヴィパッサナー瞑想を続けてきた効果を強烈に実感した。

呼吸も心もとても穏やかで平和になり
ハートチャクラのあたりから穏やかな
満たされる幸福な波動が出ているのを強烈に感じた。

ただ生きているだけで何もしていないのにものすごい幸福感。

この道のまだ、はじまりに過ぎないのだろうけれど
恐れも欲望も怒りもなく、もう何もいらないと思える
心の平安、幸福感を強烈に体験した時間だった。

お釈迦様は本当に人間の苦しみの原因を完全に理解し尽くし、
そして、誰でもできる、本当にシンプルな方法で苦しみの原因を取り除く
方法を発見したからこそ今でもその名が残っているんだということがよくわかった。

ヴィパッサナー瞑想をする人生が修行の人生なら、
それをしないで生きるの人生は苦行の人生だと思う。

自分の心のなかで一体何が起こっているのか、
なぜ、人生にこんなにも苦しみがあるのか、
自分の心を見つめ、浄化することによって
それが次々とわかってくる。

この世界がなぜ平和にならないかは
自分の心が平和に近づくにつれて初めて理解できた。

世界の平和は一人ひとりの心の平和から。

お釈迦様に感謝、そして、それを脈々と伝えてきてくれた人たちに心から感謝したい。

宗教になる以前のお釈迦様の本当の最も大切な教えヴィパッサナー瞑想。
これを世界に広めていくことに貢献していきたいと思う。


日本ヴィパッサナー協会
http://www.jp.dhamma.org/

インド占星術師にはヴィパッサナー瞑想でなくても
心を浄化していく瞑想法を日々実践することは必須の要素だと思う。
自分の苦しみの原因を取り除くことができてはじめて
人の苦しみを取りぞのく手助けができるのだから。

どんなにインド占星術のスキルがあったとしても
自分の光より大きな闇は決して癒すことはできない。

ヴィパッサナー瞑想を続けていきたい。
その先にいったい何があるのだろうか・・・。


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。