当ホームページはサーバー移行のため、お引越し致しました。

HP:http://maitrii.web.fc2.com/(http://michiyuu.info) → http://jyotish.michiyuu.info/
ブログ:http://jyoti.blog108.fc2.com/ → http://jyotish.michiyuu.info/wordpress/

お気に入りへ、ブックマークの変更をよろしくお願い致します。

 

インド占星術講座 by ミチユウ - The World of Light

占星術講座・個人講座&鑑定、無料ホロスコープ作成、インド占星術(ジョーティッシュ占星学)&西洋占星術の研究。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉のいすみ市に引越します☆

今まで、南伊豆という大自然豊かな場所に住んでいましたが
12月下旬に千葉のいすみ市に引っ越すことになりました。

それに伴って、東京や千葉などで
インド占星術の活動を再開しようと思っています。

2010年1月よりインド占星術を教えることを中心に活動していきたいと思っています。

・インド占星術がどんなものか知りたい体験してみたい人のための
 『インド占星術入門ワークショップ』
  http://maitrii.web.fc2.com/study/workshop/sunmoon.html

・本格的にインド占星術を学びたい人のための
 『インド占星術初級講座』 6人~

・インド占星術の個人講座(初級) 
 いすみ市自宅 1回(2時間) 6,000円
 千葉、茂原等 1回(2時間) 6,000円 + 出張費
 (追加 30分 1,500円)

・インド占星術の少人数講座(初級) 
 1回(2時間) 出張費 + 1人当たり 6,000円
  ※人数に応じて割引き致します。

・個人鑑定 40分 7,000円~ 
      90分 10,000円
      以降 10分 1,000円

場所は基本手には東京、千葉、茂原、いすみ市周辺。
ご希望があれば、それ以外の遠方での出張講座も考えています。

関心のある方は maitrii☆inter7.jp(☆を@に置き換えください)
又はお問い合わせフォームまでお問い合わせ下さい。

5日以上経過しても返信がない場合はメールアドレスの入力を
間違っている可能性が考えられますので、再度ご確認の上、お問い合わせ下さい。

いすみ市

スポンサーサイト

幕末の英雄、坂本龍馬を検証② 龍馬はなぜ、これほどまでに大胆な行動ができたか?

坂本龍馬のチャート


龍馬をよく知る人物は胆力の強い、度量の大きい人物と評価している。それはなぜでしょう?

武市半平太:「肝胆もとより雄大、奇機おのずから湧出し、 飛潜だれか識るあらん、ひとえに龍名 に恥じず」(獄中で)

西郷隆盛 :「天下に有志あり、余多く之と交わる。然れども度量の大、龍馬に如くもの、未だかつて之を見ず。龍馬の度量や到底測るべからず」

三吉慎蔵 :「過激なることは毫も無し。かつ声高に事を論ずる様のこともなく、至極おとなしき人なり。容貌を一見すれば豪気に見受けらるるも、万事温和に事を処する人なり。但し胆力が極めて大なり」

太陽がいて座に在住し、火星とコンジャンクションしています。太陽も火星も「戦いでの勇敢さ」を表します。いて座はとても楽観的で大胆な行動ができる星座です。そして、そこに木星がアスペクトし、その性質をさらに強めています。心を表す月にも木星がコンジャンクションし、楽天的な性格を強めています。しかも月は満月でとても安定しています。

もし、うちゃさんの水瓶座ラグナが正しいとするなら、その人の生来の気質を表す第1室とその支配星にも木星がアスペクトし、思考を表す第5室とに在住し、その支配星の水星にもアスペクトしています。

その人の基本的な性質を示す太陽、月、第1室と第1室の支配星、第5室、第5室の支配星のすべてに、木星が影響を与えることで極めて前向きで不可能を不可能と思わない大胆さと勇気を彼に与えています。

蚊を殺生するという感情

蚊を殺生するということ、それは殺意を抱くというほどのものでもない。しかし、それが瞑想を続けていると、その心に湧く怒りという感情が感じられるようになる。それはとても僅かなものだから、普通は気にもとめない。しかし、そこには心に苦しみの感覚が湧くのがわかる。心が瞑想で穏やかで満たされていくとき。

本当に心が平安で満たされていくとき、蚊を殺生することすら、人にとって深いレベルで心の苦しみになっている。人はそんなに繊細になっていったら、生きていくのが大変だと思うかもしれない。

心を鎮めて行った先ににある感謝の心、愛で満たされた心には計り知れない喜びがそこにあることを徐々に感じられるようになってきた。

心を鎮めいった先にあるもの・・・・。そこにはどんな世界が広がっているのだろう・・・。

BE HERE NOW・・・。今、ここに在る・・・。

テーマ:瞑想学 - ジャンル:学問・文化・芸術

木星を読み解くことはホロスコープの重要なポイント

木星のホロスコープでの役割を考察してみました。木星は影響を与える惑星やハウスに幸運をもたらします。影響を与えるとは、コンジャンクション、アスペクト、星座交換のコンビネーションを形成することです。

例えば、木星が太陽に影響を与えると太陽の性質である堂々とした威厳、寛容さ、高貴さ、勇敢さ、指導力が高められます。また、太陽が木星の性質である慈悲深さ、精神性の高さ、教師としての質を帯びます。特にコンジャンクションを形成するときにはスーリヤ・グル・ヨーガという名称がついています。太陽が木星に影響を与えるときその人の良い性質が高まります。

同じように木星が火星に影響を与えれば、火星の性質である戦う能力、指導力、チャレンジ精神、投機するなどの性質が高まります。現代の競争社会や格闘技の世界など勝負の世界では強くなります。ただし、火星が木星にも影響を与えるコンジャクションやオボジションの場合は木星が傷つくことなります。木星は慈悲深い惑星ですがそこに残忍で攻撃的な火星が影響を与えることで木星の良い面が損なわれます。

木星が水星に影響を与えれば水星の知性やコミュニケーション能力、ビジネスセンスなどの良い質が、金星に影響を与えれば、金星の芸術性や愛、優しさなどの性質が高まります。土星に影響を与えれば、現実的な思考や忍耐強さが高まります。ケートゥに影響を与えれば、霊的な知識や性質が高まります。

木星が形成するヨーガにスーリヤ・グル・ヨーガ(太陽と木星のヨーガ)、グル・マンガラ・ヨーガ(木星と火星のヨーガ)などがありますが木星の本質的な意味を理解していれば、ヨーガを知らずとも、その良さを理解することができます。他の惑星とコンビネーションを組むことの意味も特別なヨーガを覚えることなく理解することができます。

各惑星は太陽と月以外は2つのハウスを支配するのでその支配するハウスにも幸運を与えます。木星が多くの惑星にアスペクトするということは惑星とその支配ハウスの両方に影響を与えることになり、影響を与える惑星が多ければ多いほど、その人の人生は幸運に恵まれることになります。木星が多くの惑星に影響を与えているホロスコープは能力が高く、恵まれた境遇を与えます。有能な人物や著名人には木星の影響が多くの惑星やハウスに及んでいます。

例えば、最近ブームの坂本龍馬は、木星が月、土星、太陽、水星、火星にアスペクトを組むという非常に幸運で能力のある人物であることがわかります。

坂本龍馬のチャート


木星はホロスコープの良し悪しみる重要なポイントになるのです。

テーマ:占星学 - ジャンル:学問・文化・芸術

幕末の英雄、坂本龍馬を検証① 太陽ラグナで読み解く

坂本龍馬のチャート

『龍馬伝』もいよいよ終盤を迎えてきました。龍馬ファンとしてはハラハラドキドキ、感動の連続ですね。

今日は坂本龍馬を検証したいと思います。出生時刻はうちゃさんの仮説を参考にさせて頂きました。検証②でみますがヴィムショタリ・ダシャーで検証しても人生の大きな出来事をうまく説明することができます。

今日は太陽ラグナで龍馬の性質を読みといてみます。太陽ラグナからだけでも龍馬の性質がはっきりと読み取ることができませす。

・ 1-7軸での星座交換、人と人を結びつける性質の強さを示しています。第7室には「事業における提携」という意味があります。西郷隆盛や木戸孝允、後藤象二郎など諸藩の有力な人間と手を結び、薩長同盟、大政奉還などの日本に革命を起こすための大きな働きをしています。

・ 寿命のハウスの第8室がとても傷ついており、短命であることを示している。第8室に高揚の土星と機能的凶星の金星、火星がアスペクト。第8室の支配星が火星のアスペクトを受け、逆光の木星とコンジャンクション、第7室に在住している。

・ 太陽と火星がコンジャンクションし、しかも火の星座に在住し、とても勇敢なサムライの気質を表しています。そこに強力な土星がアスペクトすることで剣術家としての資質を示しています。戦いの火星が型にはめる土星が抑えつけられることは武術をするのに向いた配置です。

・ いて座に3惑星が在住し、木星がアスペクトバックし、いて座の性質を強く示してる。日本を変え、外国から守るために命をも厭わない勇敢さ、そのために日本を東奔西走する行動力と冒険心、どんな不可能と思えることも実現できると信じるポジティブ思考はとても射手座的です。

・ 第2室に金星が在住し、言葉の良さを表しています。
・ 第8室は死因を表し、第8室と第8室支配星に火星がアスペクトし、武器や事故による死を表しています。実際、龍馬は何者かの刺客により暗殺されました。

・ 水星と火星がコンジャンクションし、議論に強いことを意味しています。コミュニケーションや言葉を意味する水星に戦いやスピードを意味する火星が力を与えています。

・ 陰謀の第12室と3つのトリコーナの絡み(第9室支配星の太陽とコンジャンクション、第12室支配星は同時に第5室支配星であり第1室に在住、第1室支配星の木星がアスペクト)があり、江戸幕府から天皇中心とした日本に変わる明治維新をという革命を起こす大事な役割を果たすことを可能にしています。

カルマを解消するということ

人は心にストレスをため込め、それを外にはき出せば、人とケンカになったり、内にため込めば、精神的に病んだり、体の病気になったりする。

人生で起こるさまざまな葛藤は、心の中の問題、心の中のカルマ、潜在意識に原因がある。その心を浄化していくのが、多くの宗教の開祖が本質的に伝えていることなのだと思う。

人を愛すること、智慧を学ぶこと、奉仕すること、瞑想やヨガなどの修行をすること、神に祈りを捧げること。そういった方法で心を浄化して、クリアにしていくことでカルマは少しずつ解消されていく。

そういったことをしなくとも、人はいつかカルマを解消することになる。それは人との不和や争い、病気や事故などを通して。それはカルマの借金の一括返済なのだと思う。

日々、瞑想などの修行をするというのは一見大変そうに思えるが実は楽なことなんだと思う。そうしたことを通して、心を浄化することは、カルマの借金を日々少しづつ分割返済しているようなものなのだと思う。

一括返済は辛い苦しい体験だと思うと、日々瞑想するという小さな努力は、そんなに大変でも何でもないように続けていくと思う。むしろ、日々、いろいろな気づきがあり、心はクリアになったぶんだけ軽くなり、気持ちがいいことに感じるようになる。

この宇宙は心を浄化する努力をする人には必ず、さまざまな気づきや喜びを通してご褒美を与えてくれるということを実感する。

結局、すべての幸不幸は自分自身の心の奥深いところに原因があるのだ。だから自分を変えさえすれば、より幸せになることも自由にできるのだと思う。

何か苦しいことが起きたり、葛藤があるとすれば、自分の中に何か間違いがありますよ、という宇宙からのサインなのだ。宇宙は人生での体験を通して、いろいろなことを教えてくれるのだ。

そんな宇宙のより繊細なメッセージに気づけるように心を穏やかに鎮めていきたい。


ただ生きていれば・・・。

タライ岬からの夕日


今日はタライ岬に夕方散歩に行った。
自然の中に帰ってきた。

    ☆

ただ生きていればそれでいい・・・。
宇宙と人と自然とつながってさえいれば。

    ☆

そんな言葉が降りてきた。

ネイティブの人たちや自然と共に暮らしている人たちは
こんなことを感じているのかな。

日々、ヴィパッサナー瞑想をしていると
心が穏やかになり、だんだんと感覚が繊細になってくる。

宇宙から、自然からのかすかなメッセージを感じられるようになってくる。
そんな気がする・・・。

欲望や執着を手放した分だけ、心の穏やかさ、
安心感、護られているか感覚がやってくる。


導きがやってくる。
不安がなくなっていく。

執着が大きいほどに大きな不安がある。
手放すことには不安がある。
しかし、手放すほどに不安が消えていくことを感じる。

心をクリアにして生きていくこと、
この宇宙ので生きる大切なことがわかってくる。

ホロスコープの読み解き方 18の基本法則

久々のブログ更新です。

英書“LIGHT ON LIFE” AN INTRODUCTION TO THE ASTROLOGY OF INDIA
   Hart Defouw and Robert Svoboda著

この本からホロスコープの読み解き方を意訳して、まとめました。

ホロスコープの読み解き方 18の基本法則

法則1:生来的吉星は影響を与えるハウスの良い意味を強め、凶意を緩和します。影響を与えるとは、
1) ハウスに在住またはアスペクトすること。自分のハウスに在住することは特に良い。自分のハウスにアスペクトするとそのハウスは良くなります(アスペクトバック)。
2) ハウスの支配星とコンジャンクションするかアスペクトすること。
3) ハウスの表示体とコンジャンクションするかアスペクトすること。

法則2:生来的吉星はコンジャンクションまたはアスペクトする惑星に良い影響を与え、凶意を緩和します。

法則3:生来的凶星は影響を与えるハウスの凶意を強め、良い意味を弱めます。影響を与えるとは、
1) ハウスに在住またはアスペクトすること(ただし、自室に在住するとき、良い意味を与えます。しかし、生来的吉星が在住するよりは良い影響は弱い)
2) ハウスの支配星とコンジャンクションするかアスペクトすること。
3) ハウスの表示体とコンジャンクションするかアスペクトすること。

法則4:生来的凶星はコンジャンクションまたはアスペクトする惑星の凶意を強め、良い意味を弱めます。

法則5:ハウスの生来的表示体はその自分のハウスにアスペクトするとき、そのハウスに良い影響を与える。しかし、在住するときは表示体自身の人物とその関係性に有害な影響を与えます。
・火星が第3室に在住するとき、弟妹とその関係性に有害な影響を与えます。
・暗い月が第4室に在住するとき、母親とその関係性に有害な影響を与えます。
・木星が第5室に在住するとき、子供とその関係性に有害な影響を与えます。
・金星が第7室に在住するとき、配偶者とその関係性に有害な影響を与えます。
・太陽が第9室に在住するとき、父親とその関係性に有害な影響を与えます。
・木星が第11室に在住するとき、兄姉とその関係性に有害な影響を与えます。
これらの有害な影響は惑星が自分の星座に在住するときは起きない。

法則6:惑星が自分のハウスに在住すると惑星自身が強くなり、そのハウスに良い結果をもたらします。惑星が生来的吉星であるときは、アスペクトするハウスにも良い影響を与えます。惑星が生来的凶星のときは、アスペクトするハウスには良い影響を与えません(火星が牡羊座に在住する場合は例外となります。なぜなら、アスペクトされるさそり座は自分の星座だからです)。やぎ座に在住する土星はアスペクトすることで有害な影響を与えます。しかし、減衰や敵対星座に在住する土星のアスペクトよりは良い。

法則7:惑星がケンドラに在住するとき、良くも悪くも惑星は強い影響力を持ちます。トリコーナに惑星が在住するとき、惑星は強められ吉星化します。ドゥシュタナに惑星が在住するとき、惑星が悪影響を受けます。ただし、惑星が自室に在住するときその傷つきは小さい。惑星が第3室に在住するとき、傷つくがドゥシュタナハウスに在住するより傷つきが小さい。惑星がウパチャヤに在住するとき、時がたつに連れて改善し良くなっていきます。第3室と第6室に在住する惑星は最初は苦難をを与えますが、努力によって次第に改善されていきます。第10室と第11室に在住する惑星は最初から良く、やがて一層良くなります。

法則8:トリコーナの支配星が在住するハウスやアスペクトするハウスは良い影響を受けます。特に生来的凶星の影響を受けず、生来的吉星の影響を受けているとき、はっきりと表れます。ただし、同時にドゥシュタナハウスを支配するときはドゥシュタナハウスの困難な影響が伴います。

法則9:同時にトリコーナやケンドラを支配せず、自室に在住していないドゥシュタナハウスの支配星が在住するハウスやアスペクトされるハウスは悪影響を受けます。特にドゥシュタナハウスの支配星が生来的凶星の影響を受け、生来的吉星の影響を受けていないとき、はっきりと表れます。例えば、第8室支配星が生来的凶星でトリコーナもケンドラも支配せず、ラグナに在住し、それが自室ではなく、凶星とコンジャンクションし、凶星のアスペクトを受け、どんな吉星のアスペクトも受けていないとき、第1室が強く傷つきます。

法則10:ケンドラ、トリコーナ、中立ハウスの支配星がケンドラやトリコーナに在住するとき、自身のハウスの良い意味が強まり、凶意が鎮められます。第9室支配星が第5室に在住するとき、成功し、苦労のない旅、望ましくない出来事が鎮められると予言することができます。ケンドラやトリコーナの支配星が中立ハウスに在住するとき、平均以上の良い結果が出ます。ケンドラやトリコーナ、中立ハウスの支配星がドゥシュタナに在住するとき、支配するハウスの意味に障害が発生します。第3室在住の時は少し障害が発生します。

法則11:ドゥシュタナの支配星がトリコーナ、ケンドラ、中立ハウス(この順序で下がる)に在住するとドゥシュタナハウスの良い影響が強められます。しかし、凶意は鎮められません。すべての他の条件が等しく、第12室の支配星がラグナに在住すると、たくさんのベッドの楽しみを味わうことができます。しかし、厄介な問題は起きます。ドゥシュタナの支配星がドゥシュタナハウスに在住すると、障害や困難は鎮められます。ドゥシュタナの支配星が良いハウスに在住するとそのハウスに悪影響を与えます。そして、ドゥシュタナの支配星が悪いハウスに在住するとき、障害や困難が起きます。自分自身の星座に在住しない限り、ドゥシュタナハウスの支配星が在住することは困難があります。自分自身の星座に在住したとしても何らかの問題は起こることに気をつけることが必要です。

法則12:高揚の惑星は以上の法則に関して強める方向に働きます。魚座ラグナの金星は第1室で高揚します。このケースでは身体的なことがとても傷つきます(法則9)。減衰惑星はすべての吉兆の要素を鎮めます。そして、すべての望ましくない意味を強めます。

法則13:生来的吉星が友好星座に在住するとき、良い結果をもたらします。生来的凶星が敵対星座に在住するとき、友好星座に在住するほど良い結果はもたらしません。

法則14:相互に友好関係のとき、良いヨーガを形成すると協力して良い結果を高め、有害な結果を鎮めます。反対に相互に敵対関係のときは、良いヨーガも良い結果を出すことを渋ります。

法則15:あるハウスから両隣のハウス、第12室目と第2室に生来的吉星が入っているとき、そのハウスは強められます。反対に生来的凶星が入っているときは弱められます。

法則16:あるハウスの支配星がアスペクトしたり、在住したりするとその2つのハウスの意味が混ざります。例えば、第7室の支配星が第2室に在住するとき、配偶者かビジネスパートナーを通して収入を得ます。第11室の支配星が第12室に在住すると兄姉を失うか別離する、又は兄姉が外国に住むと読むことができます。

法則17:惑星が相互にアスペクトすると惑星の意味が混ざります。支配するハウスの意味も混ざり合います。

法則18:惑星はハウスに影響を与えるのと同じように星座にも影響を与えます。例えば、ある星座の両隣に生来的吉星が在住する、又は生来的吉星が在住するかアスペクトされると強められます。ただし、生来的吉星が減衰するときは惑星がその星座に悪影響を与えることを考慮する必要があります。

テーマ:占星学 - ジャンル:学問・文化・芸術

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。