当ホームページはサーバー移行のため、お引越し致しました。

HP:http://maitrii.web.fc2.com/(http://michiyuu.info) → http://jyotish.michiyuu.info/
ブログ:http://jyoti.blog108.fc2.com/ → http://jyotish.michiyuu.info/wordpress/

お気に入りへ、ブックマークの変更をよろしくお願い致します。

 

インド占星術講座 by ミチユウ - The World of Light

占星術講座・個人講座&鑑定、無料ホロスコープ作成、インド占星術(ジョーティッシュ占星学)&西洋占星術の研究。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒットラーとチャップリンの人生の違いをダシャーの流れで見る。

今日は先日書いたヒットラーとチャップリンの仕事について見たのをヴィムショタリー・ダシャーの流れから検討してみます。

ヒトラーがなぜ、闘争的な人生を歩み、チャップリンがなぜそうならなかったのか?それはダシャーの流れを見ることで一目瞭然となります。

まずは、ヒットラーから。

ヒットラーチャート

ダシャー年齢星座エレメント在住ハウス支配ハウス
金星期0歳~牡羊座7室1室、8室
太陽期18歳~牡羊座7室11室
月期24歳~射手座3室10室
火星期34歳~牡羊座7室2室、7室
ラーフ期41歳~双子座風9室
ディスポジター水星 ※141歳~牡羊座7室9室、12室

※1 ラーフ期はその星座を支配する惑星も重要になってきます。このヒットラーの場合は水星となります。
今日は先日書いたヒットラーとチャップリンの仕事について見たのをヴィムショタリー・ダシャーの流れから検討してみます。

彼の人生はほとんどのダシャーを活動的な火の星座のダシャーで過ごしています。その中でも特に思想や考え方を決定する幼少年期を牡羊座に在住する惑星の好戦的な要素が出やすいダシャーで過ごしています。そして、それが7室で欲望を掻き立てるダシャーになっています。それ以降も全て火の星座と欲望のカーマトラインの絡むダシャーとなっています。そのために、彼の人生は闘争と欲望、野心に満ちた人生になったのでしょう。

それに対してチャップリンは一見ほとんど同じホロスコープに見えて全く違った流れになっています。

チャップリンチャート

ダシャー年齢星座エレメント在住ハウス支配ハウス
ラーフ期0歳~双子座9室
ディスポジター水星0歳~魚座6室9室、12室
木星期3歳~射手座3室3室、6室
土星期19歳~蟹座水10室4室、5室
水星期38歳~魚座水6室9室、12室
ケートゥ期55歳~射手座3室
金星期62歳~牡羊座7室1室、8室


チャップリンは人生の多くの期間を風と水の星座のダシャーを過ごしています。

木星期とケートゥ期は火の星座のダシャーですが、木星は定座に在住し、木星自身は精神性の惑星なので情熱的にはなっても好戦的にはなり得ないでしょう。ケートゥの時期も木星星座で木星とコンジャンクションしているので、やはり精神的、道徳的な面が出てくるでしょう。

また、幼少年期は9室在住のラーフのダシャー、木星のダシャーを過ごし、健全な成長をするダシャーになっっています。

好戦的な要素が出やすい牡羊座の絡むダシャーは、老年期に入る59歳の金星期からになっています。そのためにヒットラーのような破壊的な人生になることはなかったのでしょう。

また、人生の中心となる20~60歳の在住ハウスと支配ハウスを見てみると6室と10室のアルタハウスと5室と9室のダルマハウスが中心の流れになっています。ヒットラーは欲望のカーマトラインが中心ですが、チャップリンは仕事(特に10室は天命、使命を表す)と精神性が大切になっています。

このように一見、ほとんど同じホロスコープに見えても、惑星配置をよく検討し、ダシャーの流れを読み解いていくと全く違った人生になることが浮き彫りになってきます。

大阪での中級講座では、この二人のチャートを更に深く読み解いていきます。
スポンサーサイト

昭和天皇にみる王家の配置

昭和天皇は、さすがに歴代天皇(神話上の天皇を除く)在位期間が最も長い62年。すごいホロスコープです。
思わず”この御方”はと書きたくなるぐらい威厳と品位に溢れたロイヤルな配置ですね。

昭和天皇 インド占星術ホロスコープ

王家の配置について検証していってみましょう。

王家に関係する星の配置のポイント

・しし座は王家の星座です。
・いて座は王家の紋章を意味します。
・太陽は王様です。太陽が第1室や第10室と絡むことは王様的な配置です。
・太陽と木星の関連は王者のような堂々とした威厳を表します。
・第4室は権力の座を表します。
・第5室と第9室は威厳と品位を表します。


昭和天皇の実際の配置を見てみます。

・第1室は王家の紋章を意味するいて座です。第1室には木星が定座で在住し、第1室のいて座をより強めています。
・第5室では王様を意味する太陽が高揚しています。金星もコンジャンクションし、上品さ、気品をより高めています。
・威厳と品位を意味する第5室と第9室で星座交換(幸運のトリコーナ同士)をし、相互に友好惑星です。これは第5室と第9室を高め、大きな幸運をもたらします。更に定座に在住する幸運の木星が第5室と第9室にアスペクトし、更に高めています。
第5室と第9室、太陽と火星がこれ以上ないくらいに高められています。これ以上、威厳と気品を高める配置はなかなか考えられないでしょう。
・トリコーナの支配星同士が相互にトリコーナの関係にあり、すべて友好惑星です。惑星同士が相互にトリコーナに位置することは幸運なことです。西洋占星術ではグランドトラインと呼んでいますが、インド占星術でも相互にトリコーナに位置することはとても重要です。
・権力の座の第4室支配星は定座で第1室に在住しています。

さすが、とてつもなくロイヤルな配置ですね。

インド占星術では、王として役割があることが明確に運命としてホロスコープに示されているのですね。


近代天皇家四代に見る王様の星の配置

近代の天皇陛下四代のホロスコープを出してみた。

●明治天皇
明治天皇チャート

仕事の第10室に太陽が在住している。


●大正天皇
大正天皇チャート

ラグナがしし座にあります。

●昭和天皇
昭和天皇 インド占星術ホロスコープ

威厳や品位を表す第5室で太陽が高揚し、火星と星座交換しています。
更にそこにラグナ支配星の木星がアスペクトし、王としての威厳を更に高めています。


●今上天皇
今上天皇チャート

そうしたら王様としての配置が見えてきた。

・ラグナが王様の星座である獅子座。
・ラグナに王様を意味する太陽が在住する。
・社会的職業や使命を意味する第10室に王様の太陽が在住する。
・威厳や品位を表す第5室(5番目の星座であるしし座に関連する)に太陽が在住している。

王様はやはり獅子座と太陽が関わるのだということが明確にわかり興味深い結果だった。
生まれながらにして、王になることが運命づけられていたのだ。
人それぞれ、生まれながらにして与えられた役割があるのだということを感じさせられる。

ちなみに第1室支配星が獅子座に在住することも王様的な気質であることを表す。
昨日取り上げた、アマチも第1室支配星が獅子座に在住する。
最終日に衣装を変えて登場する姿は正に女王だ。

アマチダルシャン




ヨガ・ティーチャーの特徴

ヨガティーチャーsinhaさんD-1


これはヴィッパサナー瞑想に来ていた、インド人ヨガ・ティーシャーのチャートです。
この方はインドではヨガ・アシュラムを経営していました。
今は日本人の奥さんと結婚し、日本に移住し、日本でヨガクラスをしています。


● ヨガ行者としての性質


ヨガの道に進んだのはなぜでしょう。

最初のモクシャ・トラインである第4室に月、太陽、第1室支配星(月)
と重要な惑星が集中しています。

また、そこに更に解脱・悟りのとても霊的な惑星である
ケートゥがコンジャンクションしています。

その人の性質に大きな影響を与える心(月)、魂(太陽)、
思考(水星)にケートゥの意識が入って、
悟りの道に進む性質を明確に表しています。

この2つはヨガ修行の進ませた要因でしょう。


● ヨガ・ティーチャーとしての成功


ヨガティーチャーsinhaさんVD


ヨガ・ティーチャーとしての成功したのは水星-ケートゥ期と水星-金星期だったといいます。

それはなぜでしょう。
マハー・ダシャーの水星はアシュラムの第4室に在住しています。
アンタル・ダシャーのケートゥも第4室に在住しています。

そして、ケートゥの時期はその支配星も重要な働きをします。
その支配星である金星は第11室を支配し、第2室に在住し、
第9室支配の木星ともコンジャンクションし、ダーナ・ヨーガを形成しています。
そのため、水星-ケートゥ期にヨガ・ティーチャーとしての仕事が成功したのでしょう。

そして水星-金星期も同様にダーナ・ヨーガが形成され、仕事の成功を表しています。

ヨガ・ティーチャーにはアシュラムの第4室が重要なんですね。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。