当ホームページはサーバー移行のため、お引越し致しました。

HP:http://maitrii.web.fc2.com/(http://michiyuu.info) → http://jyotish.michiyuu.info/
ブログ:http://jyoti.blog108.fc2.com/ → http://jyotish.michiyuu.info/wordpress/

お気に入りへ、ブックマークの変更をよろしくお願い致します。

 

インド占星術講座 by ミチユウ - The World of Light

占星術講座・個人講座&鑑定、無料ホロスコープ作成、インド占星術(ジョーティッシュ占星学)&西洋占星術の研究。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常識、それは正しいから常識になったのではない。

常識、それは正しいから常識になったのではない。
発言力の強い人が主張したから常識となったのだ。

そこには間違った知識や
利益のために意図して作られた常識がたくさんある。

私たちは常識が真実か見極める
智恵と判断力を身につける必要がある。

常識に囚われない勇気と広い視野を持ちたいと思う。


***************************************************

占星術的考えると火星や太陽、ラーフ、火の要素が強い人たちが作り出したものかな。

そういった人たちは良くも悪くも行動力があるし、
自己主張が強いから声を大にして主張するんだよね。

ただ、そこに木星の叡智や土星の思慮深さがなければ
間違ったものもとても多い。

権力者たちが支配のために作った常識が多過ぎるように思う。

私たち一般市民はそういった洗脳による支配を受けないように
木星の智恵ある知識と判断力が必要なんだなと思う。
そうしなければ権力者にただ、支配されるだけになってしまう。

インド占星術を学ぶということはそういった思慮深さや智恵を身につけるために
とてもいい学問だと思う。

私もインド占星術を学んだお陰で、視野が広まり、智恵を深められるようになった。
インド占星術に出会えてよかったと思う。
スポンサーサイト

占星術を通して、自分を見つめるということ

占星術をはじめて、もう10年近くになる。
それでも、まだまだ学ぶことは無限にある。

そして、知らない自分自身をを知ることができる。
人は他人のことはよくわかっても、
自分のことは本当にわからないものだとつくづく思う。

特に欠点に関しては、自分が認めたくないという思いが働くから
余計に見えてこないし、なかなか気付けない。

今日も占星術を通して、そんな自分の欠点や特徴、長所知ることができた。
占星術は自分を見つめるということに本当に役に立つ道具なんだなと思う。

占星術は自己認識を高め、精神的な成長のために役立つ道具だ。
占星術というものに出会えて本当に良かったと思う今日この頃・・・。

インド占星術家の究極のゴール

インド占星術家の目指すものは何だろうか?
お金?社会的な地位や名声?
もちろん、そのようなものではないと私は思っています。

インド占星術をはじめた頃、
インド占星術家は最後にはインド占星術を捨てねばならない
ということを何かに書いてあったのを覚えています。

その頃は全く意味がわからなかったが、
最近少しずつその意味がわかるようになってきました。

インド占星術家は星の智慧を学び、この世界の深遠な目的を理解します。
最後はそのインド占星術すらも手放していく。
それがインド占星術家としての究極のゴール。

インド占星術はその先にあるものへ到達するための道具に過ぎない。
カルマを超越する。

いつしか、その日が来るためにインド占星術を深めていきたい。

インド占星術と西洋占星術の融合

私は通常、インド占星術をベースに占星術を研究している。

しかし実際のところ、インド占星術だけではなく西洋占星術でも見ている。
インド占星術と西洋占星術は体系的にかなり似ているので
理解するのが比較的容易だからだ。
相互に補い合える部分もとても大きい。

インド占星術ではトランスサタニアン(土星外惑星の天王星、海王星、冥王星)は
使わないことになっているが、実際には作用しているので無視することはできない。

西洋占星術で使われるさまざななアスペクトも正確な度数のアスペクトは
使わないと大きな見落としをすることになる。

そういった実践上の経験から西洋占星術の体系も非常に重要だと感じる。

そもそも、宇宙はひとつなのに同じ要素を見るのに
西洋占星術とインド占星術と分けて考えるのは違うのかと最近は思う。

日本でも少しずつだがインド占星術を学ぶための情報が整いつつある。
西洋占星術家にもインド占星術を学んでいって欲しいと思う。

これからの真の占星術家は西洋、インドの流派にこだわることなく
より占星術を統合的に研究していくことが大切なのだと思う。

ただ、それぞれの占星術体系だけでも膨大なものなので
むやみやたらに手を出し過ぎることはできないが
基礎的なことは押さえておきたい。

今後はより統合的に占星術を研究していこうと思う。

インド占星術研究家 改め 占星術研究家 ミチユウ

インドの聖者方が占星術を学ぶことをすすめる理由

最近、「ラオ先生のインド占星術 -運命と時輪-」(通称:青本)を改めて読み返しています。
この本は難しいけれど、とても霊的、精神的な成長への示唆に富む内容です。
インド占星術の初級レベルを学んだ人は読むことをお勧めします。

その中で占星術を学ぶことにどういった意味があるのか、私が感じていたことを
的確に表した言葉があったので紹介したいと思います。

インドの偉大な聖者方には優れた占星術家だった人も少なくないそうです。
その方々が占星術を学ぶことを薦めています。

それはなぜか? 

「占星術は、人間を構成する肉体・心・知性・精神性といったものを、総合的に見つめる洞察力を与えてくれるからです。人間の内側を総合的に見ながら、この世の中全体を総括的に見つめること、これが調和と安らぎをもたらす真実の方法なのです。」

これこそが占星術を学ぶ深い意義だと思います。
私はこれを学べば学ぶほどに本当にに強く実感しています。

そして、私はこれを伝えていきたい。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。